2017年10月14日

都大路へ

14日.jpg  14日 2.jpg
半切のマット2枚を求めて画箋堂迄。
切り抜く窓サイズを手渡せば、ものの5分で、
賢い機械が切ってくれるのです。
昔の時間のかかった時代を知っているだけに、
感嘆しきりです。

人の波の河原町通りを避けて、裏道、抜け道を使って、
案内状を手渡し、ついでに画廊巡りも。
posted by cocoacat at 23:53| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

珍獣揃い

13日  1.jpg
もう作業は終えられた筈の梅澤さま。
何故かスタジオへと通い詰められていて、
上へ上へ、そのまた上へと、7版を重ねて、いつ果てるのかも知れず。
室田泉さんも、最後に気になる刷りを極めたいと、短い時間での怒涛の刷り。
人を眺めているだけでも、充分な現場です。


13日 2.jpg  13日.jpg
インクを盛る直前の版と一色刷った直後の紙。
刷るも製版も、電動プレスの圧力も、今一つではあるのですが。

posted by cocoacat at 23:50| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

刷った後に

同じ一つの扉から.jpg 12日 1.jpg 12日.jpg
刷った後に、2点を解体をして、コラージュ。
色見本が積もれば、こうでもして減らしていかないと、
ゴミ屋敷になりかねません。

まだ、1回目のリトグラフ展が始まりもしていないのに、
来年は、石を使ってのリト展をと先生御自らが、積極的に動かれていると聞いて、仰天。
3回は、続けると聞いて、更に仰天。



posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

入れ替え

製版2.jpg  製版.jpg
此の期に及んで、額装した中身を入れ替えるという方も出て来て、
なかなか大変です。
最初の一気呵成で作った作品の方が、良かったりする場合もあるのですが。
posted by cocoacat at 23:12| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

案内状

案内状1.jpg
案内状が出来上がってまいりました。
忙しい中、長老梅澤様が、ちゃっちゃと作って下さいました。
有難うございました。

「初めてのリトグラフ」展
2017年11月14日(火)〜19日(日) 12時〜19時(最終日18時)
ギャラリーマロニエ4F  電話 075-221-0117
posted by cocoacat at 23:06| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

お詫び

9日.jpg    9日1.jpg
切ったり貼ったりが始まると、必ず出てくる、お邪魔猫。

昨晩から続いた、長時間のネットワーク障害により、
ブログが読み辛くなっていた事と存じます。
ご迷惑をお掛けいたしました。
まだまだ、不安定ではあるものの、ようやく復旧した模様です。

posted by cocoacat at 21:45| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

早々と

搬入の1ヶ月前で、参加者全員が最後の追い込みです。
スタジオには、毎日誰かが入って作業をしていて、
互いに先生になったり生徒になったりで、和やかな雰囲気です。
早々と、額装をする人もいれば、額をこれから自分で作る人も居て。

その様な中でも、長老のお二人は、ペース配分も怠りなく、
作業終了宣言を出されているのは、流石でございます。

posted by cocoacat at 23:39| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

意気揚々と

7日 1.jpg  7日.jpg 
本当に、午前9時から作業に入り、午後5時迄。
木工の窪田謙二さんは、色を変え、版を変え、
20枚近くを刷り、意気揚々とスタジオを後にされました。

危険な64歳のお二人。
人の後ろ姿は、その人の人生を物語ります。
窪田謙二さんの生きて来られた道は、よくよく存じ上げているのですが、
さて、出原先生の歩んで来られた道とは、どのようなものだったのでしょうか?

posted by cocoacat at 22:32| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

冷えます

10.61.jpg  10.6.jpg
明日は、午前9時から、手強い木工作家の予約が入っているので、
私も合わせてその時間にリトスタジオ入りです。

スタジオで、自分の作業がどこまで出来るかは、疑問なのですが、
今夜は、描画の続きをもう少しだけと。

posted by cocoacat at 23:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

哲学する猫

小太郎.jpg  名称未設定.jpg
「立派なお屋敷のぼんになってしもうたけれど、ええんやろか?
なんか、日に日に、賢いぼんの顔になって行くのが、怖いんやけれど。
婆やに姉やが24時間ついて、世話をしてくれるんやけれど、
遊んでくれるんやけれど、
このまま1匹で、20年間の孤独に耐えられるんやろか?」。

って、言うだけで、本当はカケラも思っていないんやけれど。
にゃははは。



posted by cocoacat at 21:52| 日記 | 更新情報をチェックする