2018年03月25日

明日の用意

3月25日.jpg 3月25日 3.jpg
明日はスタジオ入りで地獄の10時間労働の日です。
3月は、まだ余裕なのですが、問題は4月。
10時間労働の日が、12回。
これは、身体が壊れる前に、頭が壊れると思うのですが。
どうなんでしょう?

街中で見つけて来た、昔の懐かしい味、
花とミルクの島の牛乳でも飲んで、気を落ち着かせます。
posted by cocoacat at 23:56| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

鈴木陽子作品展「砂漠の向こうから」

 3月24日  7.jpg 3月24日.jpg  3月24日 1.jpg
寒暖の差の激しい一日でした。
三年振りの府民ホール、アルティに午後2時40分着。
慣れているクラシックのコンサートと違って、
現代音楽ですもの、緊張致します。

演奏が始まって40分近く経ち、隣の木工作家に、
「今、どの辺りなん?」と訊けば、
「最初の砦Iやろ」。
「ええっ?それは違うと思う。時間が経ってるし〜」。

すると、彼はプログラムの中程を指し示して、
「ほな、この5の辺りか?」。
二人とも、プログラムの1〜8迄の、どこを彷徨っているのか、解っていないのです。


第一ヴァイオリンの石上真由子さんの、
作曲者の想念を、楽譜の果てまで追い求められている姿が美しく、
冴え渡る音色に包まれた佳き一日でした。

しかし、会場では色々な方とお会いするものです。
またもや紫色の煙に包まれて、魂を奪われて帰る羽目に。


posted by cocoacat at 21:35| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

梅も桜も関係なく

3月23日.jpg  3月23日3.jpgなんだかんだでとりとめもなく
マロニエの3階にて、6月26日〜7月1日迄の会期が決まっている、「版画女子展」。
4月後半から、木版の松谷博子さんと陶芸の重森陽子さんがスタジオ入りをなさいます。
この方々のスケジュールと、先に作業を開始なさっている、
出口さんと矢島さん達の調整が結構大変で、どれだけの点数を作っていただけるのかと、
只今、追い込みのあの手この手を模索中。

暖かくなって来たので、大御所のお二人にも、
お目付役でお出ましをお願いしたいところなのですが、
メジロにミカンの如く、
何ぞ美味しいものでも無ければ、無理でしょうか。


posted by cocoacat at 23:42| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

午後6時

3月22日.jpg  3月22日 1.jpg 3月22日  3.jpg
それぞれに、一番痛いところを突いてくるのです。
作業を中断させてねだる猫もいれば、
今整理をしたばかりの紙と糸類を掻き回して、眼差し鋭く脅す猫もいて。
朝から2度の食事は与えているのですから、二匹一緒に結託されても、
そうそう聞く耳は持たないのです。

posted by cocoacat at 18:36| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

「鈴木陽子作品展」vol.12

3月21日.png 3月21日  3.png  3月21日 1.png
1年に1回から2回の作品発表をなさって、今年で12回目。
東京の演奏会は無事に終えられて、
ヴァイオリンの音が非常に美しく仕上がっていると仰っています。
今週末24日の京都アルティホールでの音色を心待ちにしているのですが、
クラシックファンの手強い木工作家と待ち合わせて、ご一緒する約束になっています。

posted by cocoacat at 23:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

荒れる風に乗り

3月20日.jpg
どなたかのドライポイントの最後の1点。
亀とうさぎが隠れているのです。
エビのおネエさんは、プラ版が割れた為、塩ビ版で作り直しです。

一日中、激しい風でした。
メジロの奥様は、その荒れる風を乗りこなし、
花蜜を求めて遠くまで行かれたご様子で、
我が家のミカンは、枝の上で干からびております。

メジロの奥様!
猫一同揃いまして、来年もお立ち寄りをお待ち申し上げております。
posted by cocoacat at 23:46| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

外は雨でも

3月19日.jpg 3月19日 1.jpg
外は土砂降りの中、午後2時半から午後10時迄、一人で励み、
製版はうまく行ったのですが、刷りは時間が足りませんでした。
後片付けは、
「一人でやっても午後10時。二人でやっても午後10時。みんなでやっても午後10時」
と歌いながら。

性に合っているとは思えないリトグラフですが、
何事も、一生懸命になれば好きになる様に出来ています。
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

穏やかな日曜日は

3月18日 1.jpg 3月18日 3.jpg
朝一番に南丹朝市に出掛けて見れば、本日は野菜の種類も少なく、
穏やかな春の陽射しですもの、そのまま何処かへ出掛けたかったのですが、
明日はスタジオ入りで過酷な作業が待っているのを思えば、
その様な冒険は出来ず。

リトの下絵から、気に入ったエビフライのおネエさんを、
余ったプラ板に、ドライポイント。
黒も赤も強すぎるので、アンバーで刷ってみます。



posted by cocoacat at 23:46| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

凍てつく1日を

3月16日 3.jpg  3月16日  1.jpg
そこに互いの心はあっても、それをそのままに維持して行くのは難しいものです。
ほんの少しでも齟齬をきたしていると感じたのであれば、
即座に話し合って元に戻さないと、時は待ってはくれないのです。

凍てつく風の中、午後2時に三条のイノダで待ち合わせて、
穏やかな会話の中にも、一歩も引かずに願いを込めます。
帰り際に、コートの襟元につけているピンバッジのコウモリに興味を示されたので、
「欲しいのですか?」と問えば、珍しく正直に「うん、頂戴」。

残された時間の中で、どうか作品を1点でも多くと願っております。

posted by cocoacat at 00:36| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

終了

3月16日.jpg
描画は終わり、月曜日に製版と刷りへと進めそうです。
4月からはスタジオ入りをする作家も多く、
そうなりますと、助っ人で入らなければならず、
今のうちに何点かをと急ぎます。


posted by cocoacat at 00:16| 日記 | 更新情報をチェックする