2020年08月20日

抱腹絶倒の4日目

8月20日 8.png 8月20日 5.png 8月20日 2.png
初日以上の異常な暑さの中、本日の参加作家は、60代が2人、70代が2人。
室内での作業でも大変なのに、炎天下での青焼き作業は、体力を消耗します。
取材が入り、室田先生が丁寧に説明をなさっている、その真前で、突然眠り始める人もいれば、
水に入れたら、折角の露光した絵が、全て消えたと騒ぎ、
「暑さで、感光剤が劣化したかもと」と室田先生を大慌てさせた人もいて。
_______
8月20日 3.png 8月20日 7.png 8月20日 4.png
2、30分まどろんだKさん、ふいに目覚めて、何事もなかったかの様に、
「さぁ、ほな刷ろか!」。
ご本人は、眠ったという記憶もないらしく、
「良くもまあ、そんなに突然、寝たり起きたりが簡単に出来るなぁ」と呆れていますと、
これまた背後から大きな声がして、
「ああ〜、そうや!露光をしようと下に降りるつもりが、何故か、階段を上に上がって来て、
そのまま水に入れてしまっていましたわ」。

そりゃ〜、露光していない紙を水に入れたら、絵は消えますわ。
全員揃って、笑い転げる。

残り2日。
明日、明後日は、怒涛の人数で、どうなりますことやら。
posted by cocoacat at 23:46| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

凪の三日目

8月19日5.png 8月19日 2.png 8月19日 1.png絹地にサイアノ
本日の参加者は、山中サマお一人。
室田先生は午前11時から、私は午後12時半から、手ぐすねを引いて待つのです。

山中サマがお入りになった時には、机の上は本日のノルマの山。
「紙だけで行きます。布は無理です」も、「年寄りは一つの事しか出来ません」も無視され、
最後は、絹の反物を丸々手渡されて、後半3日で仕上げられることに。
_________
8月19日 8.png8月19日 7.png
午後3時。
5階の窓ガラスにOHPシートとケント紙を貼り付けて5分。
網入りガラスの思いがけない効果に、にんまり。
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

二日目

8月18日 1.png 8月18日 2.png 
_____________
8月18日 9.png
初めてのエッチングプレス機にときめく矢島様
______
4名参加の二日目も無事に終了。
二日目にして室田先生は、言うことを聞かない作家相手に、気力体力を消耗。
夕方には言葉が出て来なくなり、
「あの、ほら、あれ・・・」を繰り返される始末。
______
8月18日 4.png 8月18日 5.png 8月18日  6.png
4階を暗室にしてあり、先ずはここで感光剤を塗って、5階にて乾くのを待つのですが、
そっと覗いてみますと、薄暗い光の中で作業に励まれる、レジェンド山中様。
この暑さの中、6日間、励まれて100点に挑まれます。
posted by cocoacat at 23:43| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

生きて帰宅

8月17日 1.png  8月17日 2.png 8月17日 5.png
午後6時に無事帰宅。
本日の京都の外気温は、40度近くまで上がったとか。
____________
8月17日 4.png 8月17日 3.png 8月17日 6.png
サイアノタイプワークショップの初日。
一人だけでも充分取り扱いが危険な作家の方が、束になって6人。
室田先生は、度々、
「ちょっと、人の言うことを聞いて下さいよ」であったり、
「さっき、何回も説明しましたよねぇ」であったり、
「こんなんで、出来上がりって言います?」と仰るのですが、
生徒の6人は、誰も聞いていないで、我が道を行く。
_________
8月17日 9.png 8月17日 7.png 8月17日 10.png
先生がこの日の為に、感光剤にゼラチンを混ぜての、何度もの実験を繰り返された、
ガラス板(今回はアクリル板)を使っての、今年の目玉大勝負のサイアノ。
画廊の北側に、感光剤を引いた板を持ち、並びますと、
このまま全員が昇天するかと思われる程の、異常な暑さです。

案の定、決められた時間を守らずに、次々と適当に切り上げる背中に向かい、
「時間計りました?」と先生。
「計った、計った」、「適当に計った」、「大丈夫だと思う」と、口々に応えて、
これまた、どこまでも我が道を行く。

午後5時、終わって河原町に出てみれば、
歩くのも躊躇われる程の暑さで、地上の乗り物は諦め地下へと潜りました。
posted by cocoacat at 18:36| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

熱風地獄

8月15日 2.png8月16日 2.png 8月16日 1.png
蛇口を捻るとお湯が出てまいります。
ベランダは熱風地獄で、
作業を5分しては、室内で30分横になり、
次の作業をまた5分しては、再び40分室内で身体を冷やす。
これの繰り返しで、午前中に何点かの実験を終了。
感光剤の塗り方とその日の紫外線量によって、青の色が濃かったり薄かったり。
狙って行くと、外れることが多いのですが。

予報によれば、明日17日の紫外線指数は、極めて強いとの事で、
ワークショップ初日は、サイアノ日和になりそうです。
posted by cocoacat at 23:50| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

原稿作り

8月15日 1.png 8月15日 4.png 8月15日 2.png
失神しそうな熱風地獄のベランダでの作業は、流石に危険を感じて諦め、
室内での原稿作りに切り替えたのですが、
それでも、熱中症の症状の、軽い目眩と頭痛は消えず。
そんな中でも、地道に励んでいる薬包紙は、嵩を増し4センチに。
何か面白い展示方法が見付かると良いのですが。
_______
8月15日 3.png「へエッ!!この暑いのに、お留守番って、どういう事なん!」
予報では、来週も今週以上の猛暑日が続くとか。
飼い主も猫も、一にも二にも、事故のない様にと心掛けます、
posted by cocoacat at 23:46| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

真面目にサンプル

8月14日 1.png
午前8時起床。
午前10時から午後5時迄、
外気温37度の中での、タイマー片手にベランダでの色見本作り。

こまめに水分を補給し、バランスの良い食事を心掛けても、
身体は常に、軽い熱中症そのもの。
空気中の塵芥と一緒に浮遊していて、友人からの電話にも、
「昨日、午前3時にヒグラシが鳴いて」と言おうとして、
そのヒグラシが出てこなくて、
「ホトトギス・・・ではなく、ヒヤシンス・・・でもなく、
 ほら、あの!・・・そうそう、ヒグラシ」。

疲労困憊で今夜も早寝です。
posted by cocoacat at 23:48| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

励む一日

8月13日 1.png  8月13日.png
薬包紙が水の中で舞う姿は涼しげで、
時間を計るのを忘れて、見入ってしまい、
時間経過と共に、濃い青に変化をして行くのも不思議で、
一枚一枚、何度も確認をしてしまいます。
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

酷暑お見舞い申し上げます

8月12日1.png 8月12日 2.png
昨日、今日と、余りの暑さに何をする気力もなく、
ただただ、猫よりも先にぐうたら惚けて、1日が終わりました。
昨日のブログも更新をしたつもりが、そのまま寝てしまっていたらしく、
今、気付いた次第です。
posted by cocoacat at 23:47| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

お先に

8月11日 1.png
昨日の大掃除では片付かず、午前7時起きで、引き続き部屋の掃除。

「今日は、すっきりと片付いていますねぇ」とのお言葉を賜りましたが、
いやいや、机の上の、大量の切り抜き類は、足元に隠し置き、
すっきりと見せただけの事。
20分間のお経の間に、2日間のハードな掃除疲れで、
左手にお数珠を持ったまま、つい、うとうと。
posted by cocoacat at 23:59| 日記 | 更新情報をチェックする