2021年12月18日

珍しく

12月18日3.png 12月28日.png
今年の約束事も、終わったとほっとした途端に、吐き気が止まらず。
珍しく、胃酸中和のガスター D錠を1日1回飲む羽目に。

胃カメラの予約をと言えば、子供に言い聞かせる様に、
「その前にねぇ〜、お薬を飲んでからね〜。胃カメラは、そ、れ、から、ね!
お薬を、調子が良くなったと、途中で勝手にやめないで下さいね〜。
量も守って下さいねぇ〜」。
posted by cocoacat at 23:56| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年12月17日

上野リチ展へ

12月17日2.png 12月18日1.png
posted by cocoacat at 23:50| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年12月16日

製版

12月16日6.png
いつものお猫様は、本日は起きて、全身をお手入れ中。
思わず、ありがたやありがたやと、そのお姿を拝むのです。
________
12月16日3.png 12月16日2.png 12月16日1.pngお膝犬
午前11時から午後6時迄、製版と刷りに励まれる S氏の見張りで、
午後12時半から工房入り。
______
12月17日4.png
手際良く進まれて、3版重ねての刷りの予約を24日に入れられました。

「クリスマスイブの日に、刷りなのですねぇ・・・」と嘆息をつけば、
「クリスマスイブは若者のもの。もう僕らの歳になれば、関係がないものです」と先生。

いやいや、そうは、思わんぞ、私は。
いくつになっても、クリスマスプレゼントを買うのは楽しいもの。
頂けば、嬉しいものなのですよ。
posted by cocoacat at 23:38| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年12月15日

打ち合わせに

11月16日1.png
来年のリトグラフのグループ展に参加をなさる方は、14名。
会場は2箇所。
壁面ノルマや、案内状の枚数など、慣れない事ばかりで、なかなか大変です。
今回は、出原先生も新作を展示なさると言う事で、
工房は、年明けから争奪戦に。
______
「Lithographic  vol.5」
会期 2022年3月29日(火)〜4月3日(日)
会場 ギャラリーマロニエ4階・ギャラリーヒルゲート2階
搬入 3月27日/28日
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年12月14日

「若者よ!」

12月14日1.png
工房へ。
寒くなると覚悟をしていたら、思いの外暖かくて、
ほっとして西院から26番の市バスに乗車。

午後2時の車内は、殆どが、敬老パスを持った方ばかりで、空席はなし。
立っていても、ほんの10分〜15分のことなので、
今日の刷り色をぼんやりと考えているうちに、白梅町着。

ここでバスは、狭い道へと左折をするのですが、大学生と思しき男性が一人だけ下車。
扉は一瞬で閉まり、私が降りる次の「等寺院道」へと動き始めた、その時、
「あっ、今の人、座席にカバンをそのまま忘れたはるわ」との大きな声が。
「ええっ、カバン?」と私が振り向きますと、
何故かその重たい大きなショルダーバッグが、「これ!」と私に手渡されるのです。

へえっ、何で私やのん!と思う間もなく、閉じられた前扉が、
ささ、追いなはれ、追いなはれと、再び開けられ、
ええっ〜、私がこれを持って後を追うのかいなと思いながらも、
右見て、左見て信号を無視して走り、
目の前のスーパーに入った若者を追うのです。
ようやく見付けて、
「これ、お忘れですが」と声を掛ければ、若者は、驚きのあまり、声も出ず、
「ああっ、・・・ああっ、・・・持っているのも忘れてましたわ」。
これこれこれ、息切れて、倒れそうになってまっせ、私は。

もっと驚いたのは、スーパーから出てみれば、26番のバスは、前扉を開けたまま、
そのままその場所で停まっているのです。いや〜、待ったはるやん、と、
これまた必死で走って戻れば、
老人優先席の皆様が、拍手喝采で出迎えて下さって、
「いや〜、良かったわ〜。よう持って行ってくれはったわ〜」。

いやいや、喜んで頂けたのは、嬉しいのですが、
もはや、工房で作業をする力は残っておりませんでしたわ。
posted by cocoacat at 23:26| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年12月13日

ようやく10首

12月13日1.png
月詠10首、何とか捻り出して、これから清書です。

短歌結社から送られてくる、たった1枚の細かい升目の原稿用紙に、
慣れない細書きボールペンにて、隣には修正ペンも用意して、
縦書きを致します。
明日は、工房で刷りの作業があるのですが、
先ずは、これを済まさないことには!
posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年12月12日

地味に励む

12月12日2.png 12月12日1.png
ニードルをお貸ししたところ、床に落として先が欠けてしまったとの、
お詫びの電話あり。
「鉛筆と同じで、削ると中から金属の針が出て来るから大丈夫」と、
お伝えしたのに、いつもの私の冗談だと思われて、
返却時にお貸ししたニードルと、新しく購入して下さったものとの、
2本を手渡して下さいました。

本当に、使っているうちに、どんどん短くなっていくニードル。
信用をして頂くために、ほら、この通りと、削った写真をお送りした次第です。
ニードル1本も、良いものは、そこそこの値段がいたします。
たまには、本当のことも言うのですが、日頃が日頃だけにと、
無駄なお金を使わせてしまい、反省をしているのです。
posted by cocoacat at 23:52| 日記 | 更新情報をチェックする

こんなところで

12月11日1.png 12月11日2.png
昔々、ベタ版作りの時に、練習にと試みた版が工房に置いたままになっていたのです。
 昨日、S氏がこれを、ご自分の転写版の刷りに、利用をしたいと。
五年前なら、他人の練ったインクを、勿体ないとそのまま使ったり、致しますと、
「ご自分のインクの色はご自分で作って下さいね」と難色を示されていた先生も、
今や、
「ああ、ぴったりのサイズですね。これで行きましょ、行きましょ」。

成る程。良いのですね、こないなざっくばらんで。
posted by cocoacat at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年12月10日

掟やぶり

12月10日5.png 12月10日4.png体調がすぐれないローバー君、心配です。
作業する方が少しづつ増え、日々活気のある工房になって行くのは、
嬉しいものです。
_______
12月10日1.png 12月10日2.png 12月10日3.png
約束の時間の午後1時に颯爽と登場のS氏。
リトグラフは初めてで、右も左も、解りませんと仰りながら、
工房入りをなさって僅か15分後、これで行こうかと思うのですと、取り出された転写原稿。
あっという間に、転写を成功させ、もう1点、描画用にと、
アルミ版を洗い、自宅で作業を致しますと、これまた、颯爽とお帰りになりました。
次回は、午前に製版、午後に刷りの予定で、うまく行けば、これで、作業は終了。
posted by cocoacat at 22:15| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年12月09日

グランドを引きながら

12月9日2.png 12月9日1.png
下絵を転写しようと思えば、カーボン紙が劣化していて使えなかったり、
版もグランドをいつ引いたのか不明のものでの腐食は不安なので、
ピカールで磨き、新たに引き直す。
グランドが乾く間に、月詠10首を呻吟し、
呻吟しながら、柚子味噌作りに励む午後。

キッチンとベランダ、作業机の前を、
檻の中の熊のように、何度も往復している間に、ひとひが終わる。
1月の約束事も、次々に入り始めて、気忙しいことです。
posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする