2020年11月03日

工房入り

11月3日 1.png 11月3日 5.png 11月3日 6.png
11月24日から始まる、リトのグループ展に参加をする7人のうち、
個展、グループ展の会期が、1週間完全に重なる者が4人。
コロナ禍により、画廊側の中止延期が度重なり、
作家は抗う術もなく、制作を続けながら、
見通しが立たないままに、個々スケジュール調整の日々が続いています。

その様な中でも、7日には製本の澤田先生に来て頂いて、
未完成本を持ち寄りの、作戦タイムです。
1週間に10日励んでも、まだ時間が足りないというのに、
これから6色刷りの「松葉牡丹」の描画に入る方もいて、
体調の芳しくない出原先生も、付きっ切りでの指導です。
________
11月3日 3.png 
毎回、工房に来て見て驚く、室田サマの1日50枚の無茶刷り。
分厚い本を3冊も夢ではない現実に。
posted by cocoacat at 23:18| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

明日も明後日も

11月2日 1.png 11月2日 3.png
搬入まで3週間。
今週は、5回の工房入りです。
助っ人をしながら、ひたすら、穴開けの一日でした。
posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

昨日から今日へと

11月1日8.png  10月31日 11.png 10月31日 10.png
秋の古本まつりが始まっているのも知らなかったのですが、
コロナ禍で春、夏が中止だった為、凄い本の量が出ていると聞いては、
時間もないのに、体力もないのに血が騒ぎ、のこのこと出掛けるのです。

シルヴァン書房で、
「ええとこへ来はりましたわ。今朝、出したとこ!」と言われた洋雑誌200冊の山を前に、
ファッション誌のオークションで地獄を見たと言うのに、
またぞろ右手は勝手に、1950年代のモノを選び始めるのです。

午後4時半から、午後9時迄、助っ人で工房入り。
_____
11月1日 2.png 11月1日 1.png切り貼り帳の中にもう一冊
昨日の疲れで起きられず、午前8時半に這う様にして南丹朝市に行けば、
野菜を見ることも出来ない程の人の列で殺気立っているのです。
口コミでどんどん来られる方が増え、荷下ろしの最中にも、
勝手ににダンボール箱を開け、我が籠にと野菜を入れる人も多く、
ただ呆然と傍観するのです。
元の、あののんびりとした雰囲気に戻ってくれると良いのですが・・・。
posted by cocoacat at 23:51| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

小花の金銀に散り敷いて

  10月31日 1.png
_______________ 
 
  小花の金銀に散り敷いて   岬 多可子
  
  つよくあまい匂いは
  九月から十月へ 途切れず、
  濡れた閾を横切っていくのは
  ひとではないものばかり。
  そこに眠っているものたちは
  とうに ひとの肉を 脱ぎ了えて、
  のこされたわたしたちは もう
  想うだけ、
  流れてくるのを 眼や耳に受けて
  ほかに できることがない。
  ほろほろと こぼれる前 こぼれた後も
  ひとつひとつが ちいさくちいさく
  金銀に薫り立ち
  ひえびえと明るく、
  そして 端から 透きとおって傷みやすい
  酷な 匂いだ。
  また 椿の 三片に割れた実も 拾う。
  これらは ひたすらにかたくなで、
  夕方には すみやかに
  暮れていく 冷えていく。
                  掌詩集 木 金 土 より全行
posted by cocoacat at 23:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

まだこんなところを

10月30日 6.png
近藤あかね陶展

2020年11月4日(水)〜10日(火)・最終日5時まで
大丸京都店6階 アートサロン ESPACE KYOTO
_________
10月30日 1.png  10月30日 5.png
虹は小さくても薄くても、刹那に今いる現実を忘れさせてくれます。

夕方、デンタルクリニックの定期検診へ。
7ヶ月ぶりに行けば、更に宇宙ステーション化が進み、
手の消毒も、体温も、お支払いも、
姿は見えても、遠く離れて言葉少なく、全てが終了する仕組みです。
手の消毒は、入ってから出る迄に、5回。

明日は、秋の古本まつりへ行き、その後工房入りの予定なのですが、
その前に、1点の糊付け作業あり。
posted by cocoacat at 23:56| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

出来たは良いが

10月29日 1.png 10月29日 2.png 10月29日 4.png
度重なる開閉により、既にボロボロ。
展示台の大きさを決めて欲しいと言われたが、
展示は可能なのか?

リト展に参加をなさる室田泉さんが、百科事典の様な分厚い本を作られるとかで、
この間、展示台、並びに展示方法について、
「アクリル板をこう切って、こことここを繋いで、ぱっと開くように」と、
身振り手振りで、詳しく説明をして下さったのですが、
余りにも複雑過ぎて怖かったので、例によって笑って誤魔化したのです。

もう1冊のビニール本の刷りも迫って来ており、怒涛の11月。
励みます。
posted by cocoacat at 23:56| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

あれもこれもと

10月27日  3.png
メールとラインのやり取りで、一日が終わる。
その合間合間に切り貼りを根気良く。

貯水槽清掃で、6時間の断水だったのですが、
それすら気付かないほど、机の前から一歩も動かず、
立ったり座ったりを繰り返す、誠に不健康な一日でした。
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

2冊目、その前に

10月27日 1.png 10月27日2.png 10月27日 5.png
posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

工房入り

10月26日 1.png 10月26日 5.png 10月26日 6.png
午後3時半から、工房入りをしてみれば、
手動に電動共に、必死で刷る人3人で、プレス機に空きがなく、
版画紙を切り、コンビニでコピーをとり、ナッツを食べただけで、
すごすごと退散。
搬入までに、7、8回は通わないと、刷り上がらないかと思うと、憂鬱です。
______
10月26日 2.png
本日の室田氏の刷りは、12時から刷り始めて、午後7時迄で、45枚。
土曜の画廊での接客の後のライブ活動。
日曜の搬出に続いての、本日の刷り。
三日三晩でも刷り続けられると仰るのですが、
いったい毎日何を食べていたら、そないな身体になるのか、謎です。
posted by cocoacat at 23:59| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

無事に搬出

10月25日 2.png  10月25日 1.png
最終日も人の途切れることはなく、無事に会期を終了致しました。
お立ち寄り下さいました皆様にお礼を申し上げます。
有難う存じました。

明日からは、7人が参加をする、リトグラフのグループ展、
「リトグラフから製本へ」に向けての、怒涛の日々が始まります。
posted by cocoacat at 21:15| 日記 | 更新情報をチェックする