2020年08月29日

祈りの花火


久しく本物の花火を見ていないのですが、
嵐山で、コロナウイルスの収束を願い、打ち上げられた花火を、
友人が送ってくれました。
今年のコロナ禍の中での、異常な暑さも、もう少しの辛抱です。

posted by cocoacat at 21:50| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

時間と共に

8月28日 2.png  8月28日 1.png
朝から雨。
恵の雨とありがたく、ベランダでの作業は一先ず中断。
それでも、マップケースを開けて、気になる色の確認だけは致します。

日々、露光時間を記憶しているかのように濃くなって行くその青に、
真白な紙の表だけ、着実に侵食して行くその青に、
その摩訶不思議さに、
何枚試みても、やはり見入ってしまいます。
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

数は撃っても

8月27日  2.png 8月27日 3.png
毎朝午前8時には起きて、雲の行方、光を探り、ベランダを出たり入ったり。
その後の風呂場での作業の繰り返しで疲れ果て、
夕方ともなれば、何をする気力もなく、猫と一緒にうつらうつら。
ブログの写真をアップした後は、作業台の上で行き倒れの人となって眠るのです。

一番無難なのはケント紙での露光で出る、鮮やかな青なのですが、
好みの色は、薄手の水彩紙の褪せた青。
ついつい、何枚も深追いをしてしまいます。

posted by cocoacat at 23:55| 日記 | 更新情報をチェックする

ふかみに

8月26日3.png 
飼い主を一番困らせる場所を瞬時に見付けて、眠ったふりの縞猫2号。
コピーもスキャンもインク交換も出来ずに大弱り。
こんな時は、暫くは眠らせておもむろに、
ドライフードの袋を片手に交渉を開始。
今回は、10粒でめでたく交渉成立。
_____

8月26日 2.png 8月26日 1.png 8月26日 4.png
ワークショップで用意されたohpシートはインクジェットのプリンターでは使用できず。
先ずは、 A4サイズをアマゾンで購入し、慣れた後にA3サイズへと移行。
「おうおうおう、腕は未熟やのに、やる気満々」と揶揄されても、
未熟な腕だからこそ、無謀な数撃ちが必要と応えるのです。



posted by cocoacat at 00:42| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

やれやれ

8月25日1.png8月25日 2.png 8月25日 5.png福田十糸子作
ワークショップで使ったプレス機は、40年も前のプレス機で、
ここ10年程は、階段の踊り場で、雨晒しになり、
錆だらけで廃棄処分のシールが貼られていたとか。
救い出されて、試しにと使ってみれば、圧もしっかりとかかり、
メゾチントの刷りでも、良い仕事をしてくれました。

搬出の時に、スタッフの H君が「30キロ位なもんやわ」と軽々と持ち上げ、
今日、地下迄運んで来て下さった室田先生も、
普通に台車に乗せて下さったので、そんなに重いとは思わず。
迂闊でした。

途中の廊下でプレス機が台車から滑り落ち、持ち上げようとしたら、
腰に電流が走り、重いのなんのって。
慌てて管理人さんに助っ人をお願いして、ようやく部屋の中へ。

カタログで調べてみれば、ざっと60キロ。
台車から下ろすことも叶わず、このままの状態で錆落としをして、
第二の人生を歩んで頂こうと思っています。
1時間ほど磨いたところ、かなり綺麗になりました。
posted by cocoacat at 23:35| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

起きてはいるが

8月24日 1.png 8月24日 2.png
先週の1週間は、午前7時半起きだったので、
今週も、目覚ましをかけなくても、その時間になると勝手に身体が目覚める。
少しでも動くと、猫2匹が揃って、
「餌か?餌か?」とギャロップではしゃぎ回るので、
仕方なしに餌を与え、その後、3匹目の猫として、自堕落に一日を過ごす。
脆弱な身体そのもの。
posted by cocoacat at 23:51| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

処暑

8gatu .png  8月23日 2.png 8月23日 3.png
posted by cocoacat at 23:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

無事に終了

8月22日 2.png 8月22日 5.png 8月22日 3.png
____
8月22日 1.png
気絶しそうな暑さの中、参加作家12名の、
誰一人も体調を崩すことなく、
無事に6日間のワークショップを終えることが出来ました。

午後6時前、雷鳴轟く中をエプロン姿のまま、マロニエの真前からタクシーに乗車。
命辛々、逃げ帰った私です。
一番元気だったのは、レジェンド組みの、七十代のお二人で、
その恐ろしいエネルギーにひれ伏すのでした。
猫2匹も元気でいてくれて、ほっと致しました。
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

体感温度44度

8月21日 9.png  
午前11時過ぎで、外気温38度、体感温度は44度。
こんな日は、外出するだけでも危険です。
それなのに、ひたすら露光に精を出す、参加者6名。
太陽を求めて、東に北に、最後は、河原町通りに迄、
感光剤を塗った紙を持って、それっと走るのです。
________
8月21日 4.png 8月21日1.pngサイアノ+ドライポイント
本日は、しっかりと忘れずに露光に成功なさいました。
後は、搬入迄、ご自宅にて、目指せ100点のサイアノタイプの日々。
___
8月21日 2.png 8月21日 7.png 8月21日 5.png
明日は最終日で、これ以上の数が並ぶ筈です。
しかし、これらはあくまで試作で、各自感光剤を持ち帰り、
これから、日々試行錯誤の、茨の道を辿られます。
室田先生は、全ての参加者に、感光剤を手渡し、
してやったりと、ガッツポーズをとられていました。
あ〜あ、まんまと罠に。
________
8月21日9.png
問題は、画廊で見ていると小振りのこの愛らしいプレス機。
これを、ウチで引き取ることになり、
画廊で見たら小振りでも、家に入れれば、大振りになるのは、明明白白で、
どうしたものかと、頭を抱えているのです。
____
posted by cocoacat at 23:12| 日記 | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

抱腹絶倒の4日目

8月20日 8.png 8月20日 5.png 8月20日 2.png
初日以上の異常な暑さの中、本日の参加作家は、60代が2人、70代が2人。
室内での作業でも大変なのに、炎天下での青焼き作業は、体力を消耗します。
取材が入り、室田先生が丁寧に説明をなさっている、その真前で、突然眠り始める人もいれば、
水に入れたら、折角の露光した絵が、全て消えたと騒ぎ、
「暑さで、感光剤が劣化したかもと」と室田先生を大慌てさせた人もいて。
_______
8月20日 3.png 8月20日 7.png 8月20日 4.png
2、30分まどろんだKさん、ふいに目覚めて、何事もなかったかの様に、
「さぁ、ほな刷ろか!」。
ご本人は、眠ったという記憶もないらしく、
「良くもまあ、そんなに突然、寝たり起きたりが簡単に出来るなぁ」と呆れていますと、
これまた背後から大きな声がして、
「ああ〜、そうや!露光をしようと下に降りるつもりが、何故か、階段を上に上がって来て、
そのまま水に入れてしまっていましたわ」。

そりゃ〜、露光していない紙を水に入れたら、絵は消えますわ。
全員揃って、笑い転げる。

残り2日。
明日、明後日は、怒涛の人数で、どうなりますことやら。
posted by cocoacat at 23:46| 日記 | 更新情報をチェックする