2023年01月09日

梱包へ

1091.jpg 1093.jpg 1092.jpg 
仮止めの、要らないものを外して、梱包へと。

部屋の中は、見るも無惨な紙屑の山なのですが、
「新年のご挨拶に、11日午後2時に伺います」との、
お寺よりの葉書です。
明日一日で、どこまで片付くのか、拷問の様な、新年のご挨拶です。
posted by cocoacat at 23:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2023年01月08日

これこれ

10081.jpg
_____
10085.jpg 10082.jpg 10083.jpg
名古屋から引き取って、丸9年になりました。
雀には何の興味も示さないのですが、紙ものは、
飼い主に似て、異常に好きなのです。
油断をすると、爪で引っ掻き、破り、一瞬で、ボロボロに。
posted by cocoacat at 19:40| 日記 | 更新情報をチェックする

新たに

1071.jpg
年末に外れた歯を後生大事に持ち、クリニックへ。

そのまま入れられたら、それが一番なのですが、
40年も前の歯ですもの、そう簡単には行かず。
「隙間が出来ています。新しく被せを作りましょう」の一言で、
僅か20分で歯形をとられて、次回、新しい歯が入ることに。
40年経てば、こんな簡単に出来るようになったのでしょうか?
不信感が募るのですが・・・・。
posted by cocoacat at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2023年01月06日

シニア猫の尿チェック

1061.jpg 
猫の尿のpH値を確認することができると知り、買ってみました。
一袋に200gと少量しか入っていない上に、トイレの横で、付きっきりで見ていないと、
1時間程で色が消えてしまうらしいので、使う前から既に諦めモードです。
うまくいけば、またご報告を致します。
posted by cocoacat at 23:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2023年01月05日

終わったものの

1052.jpg 1043.jpg 1053.jpgどやさ
糊付けを終えたものの、同じ様なものを3点は退屈で、
笑いもない、捻りもないでは、困るので、
横長の1点の中身を入れ替えることにする。
やれやれ。
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2023年01月04日

仕事始め

1043.jpg 1041.jpg 1045.jpg

壁面ノルマの3点の糊付け終了。
横長の1点は、落ち着かないので、これから仮止めの ohpシートを外します。

雀の餌やりも、なかなか面白いものです。
米の撒き方に工夫をし、好みの米を大判振る舞い致しますと、
ベランダの中で、バック転をして、喜んでくれます。
声高にはしゃぐその姿が見たくて、ついつい、何度も米を足してしまうのですが、
それがまた、一瞬でなくなり、もう右見て左見ておずおずと入って来ていたのが、
嘘の様な食べっぷり。

続きを読む
posted by cocoacat at 23:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2023年01月03日

何もしないで

1035.jpg 1037.jpg
今年も岬多可子さんから、
紫の濃淡でまとめられた、掌詩集「苑」を、頂戴致しました。

「ちいさな灯のために」「賦香紙」「水と火と」「色を熾す」「標本帖」
「木金土」「夜想界隈」「気象の余白」「白昼暗翳」「棉と珠」

10年間のタイトルを並べるだけでも、創作意欲が高まります。
ありがとうございました。
__________
何もしないで、首の筋トレをするだけの、自堕落な1日でした。
初詣に行かなくても、ラインで届く写真だけで、充分、
お正月気分を味わった初春でした。
posted by cocoacat at 23:24| 日記 | 更新情報をチェックする

2023年01月02日

京博へ

1027.jpg 1023.jpg 1022.jpg 
兎まみれになろうと、早起きをして出掛けたら、ええっ〜!
人は全く居てないからと聞いていたのに、家族連れで溢れていて、
兎ではなく、童が飛び跳ねているというこの現実。
展示も、・・・・・!?
早々と、退散致しました。
外に出れば、バスは身動きがとれない程の超満員で、
そういえば、今日からセールですもの、若者は出掛けますよねぇ。
_________
1021.jpg 1026.jpg
そのまま、降りられずに京都駅迄行き、
地下鉄、市バスと乗り継いで帰ってまいりました。
兎を求め過ぎて、疲れただけの1月2日でありました、
posted by cocoacat at 22:14| 日記 | 更新情報をチェックする

2023年01月01日

明けましておめでとうございます

 114.jpg 112.jpg 115.jpg長谷八幡宮
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
梅宮大社は、参道まで人が溢れていて、そのまま戻ってまいりました。
今年の愛らしい大絵馬は、こちらから →
後日、また写真を撮ってまいります。
113.jpg
帰り道にて、お食事中の猫さまを見付けて、そのお宅の方と少し会話を。
本宅が別にありながら、1日3回、餌を食べに来るのだとか。
高級缶詰を頂いて、毛艶も良く、このお宅の猫さんになろうと虎視眈々です。
がんばれ!
もう一押しで、ぬくぬくのお部屋が君のものに。
posted by cocoacat at 16:39| 日記 | 更新情報をチェックする

2022年12月31日

ありがとうございました

1231.jpg  12312.jpg今年最後のお買い物
人の思惑に戸惑うことの多かった2022年でしたが、
それ以上に、温かい励ましのお言葉に助けられた年でもありました。
来年度も、めげることなく、諦めることなく、首が上がらなくなろうとも、
セラミックの奥歯が、40年振りに外れようとも、
肋骨が折れそうになるほど、胸の上で猫2匹に遊ばれようとも、
与えられた時間の限り、このまま突き進みたいと思います。

京都国立博物館は、1月2日より開館。
お正月は、愛らしい「卯」に囲まれて来るつもりです。
2023年も、何卒薄い愛にてお見守り下さいます様に、
切に切にお願い致します。
posted by cocoacat at 23:43| 日記 | 更新情報をチェックする

2022年12月30日

今年も

12302.jpg 1230.jpg 
今年も広島の友人から大量の牡蠣が届き、
先ずは剥き身を西院の友人に届け、
殻付き牡蠣が好きな友人と四条烏丸のカフェで待ち合わせ。
お正月前にキッチンが汚れるからと断る友人が多く、
殻付きを厭わない友人は貴重で、誠にありがたいのです。

別れて、決死の覚悟で大丸の地下へ出掛けたものの、
レジの長蛇の列に慄き、何も買わずに、大垣で本を何冊か買って帰宅。
毒の塊のお惣菜が飛ぶ様に売れていて、吃驚。
posted by cocoacat at 22:39| 日記 | 更新情報をチェックする

2022年12月29日

糊付け作業中

12202.jpg
最後の1点がなかなか決まらず、
一晩寝かせては別の絵に変更を繰り返しております。
何とか、これで双六は上がりたいものなんですが・・・。
どうなんだろう。
posted by cocoacat at 23:59| 日記 | 更新情報をチェックする

2022年12月28日

仕事納め

12281.jpg
猛禽類が大きく旋回を繰り返す四条大橋をわたり、今年最後の枚方入り。
Yさんが、リトグラフではなく、ウォータレスリトグラフで、
作品を制作すると決められたので、後々の展開を打ち合わせをして、
ほっとして、帰宅。
これで、暫くは、ゆっくりと出来そうです(ほんまか?)。
posted by cocoacat at 23:15| 日記 | 更新情報をチェックする

2022年12月27日

明日は

12271.jpg
明日は、今年最後の枚方行きです。

 Yさんが、もう、付き添いなしに作業が出来ると仰っているので、
本当にそうであれば、春まで出かけなくても良さそうです。
明日の転写がうまく行きます様にと、切に切に願っております。

ああ、しかし、コロナ禍の中、色々な出来事があった、この一年でした。
今日までの命を、神に感謝。
posted by cocoacat at 23:59| 日記 | 更新情報をチェックする

2022年12月26日

この期に及んで

12262.jpg 12261.jpg 
マップケースから紙が溢れ出し、床にも本と紙が山積みで、
朝から意を決しての処分大作戦の開始です。
こういう時は、中身を確認していると、残しておきたくなるので、
どんどん、箱の中へと入れて行くのです。
午後3時、甘さ控えめのおぜんざいを作り、ほっとしていたら、
「こんなん要りませんか」と、写真が次々と送られてくるのです。

ああ、悪魔の囁きの如く、
今の今、紙の整理中だということなど、全く忘れて、即座に指が反応して、
「それ欲しい!」と返し、「ああカワイイ、それも欲しい」と返し、
結局、処分した紙や雑誌より、頂くものの量の方が多くなってしまいました。
^______
12264.jpg
10年程前に、ヤフーオークションで僅かの金額で落札した、
この渡邊式「家庭用石版印刷器」が貴重なものらしくて、
どなたか、別の方のお手元に委ねた方が良さそうです。
posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2022年12月25日

ああ、寒い

3.jpg 12253.jpg
クリスマスでも何の関係もなく、糊付け作業の一日でした。

楽しみは、日に日に大胆になる雀さん。
風に流される様に現れて、三羽で、瞬く間に米を平らげ、
そのまま暫く椿の小枝で休憩です。
結構、話好きで、いつも何たらかんたら話合っていて、
雀語が解ったらなぁと思いながら、その響きに聞き耳を立てて和んでおります。

ようやく写真が撮れたものの、動きが速すぎて、これ1枚のみ。
この寒さの中、餌を探すのも大変でしょうから、
今夜も休む前に、大盤振る舞いで撒いておきます。
posted by cocoacat at 22:12| 日記 | 更新情報をチェックする

2022年12月24日

何故にあなたは

12245.jpg 12242.jpg 12241.jpg
午前9時、半分寝ながら極寒の今年最後の朝市へ。
雪が降れば峠越えが困難なので、来ていただけるのか不安だったのですが、
よく晴れて、無事に新鮮な野菜を手にすることが出来ました。
米、小豆に干し柿、塩麹と山の様な野菜を手に帰宅。
Hさんには、事故もなく月に2回、新鮮な野菜を届けて下さって、
感謝の気持ちでいっぱいです。

いつもなら、帰宅後、野菜の下ごしらえにはいるのですが、今日は、
ご近所の Mちゃんと、今やこの辺りの一人暮らしの女性が頼りとするところの、
身体に良い食事を提供して下さっている、「yoo」へ。
野菜のかき揚げに五穀米と味噌汁、食事の後に紅茶をお願いして、1450円。
もう少し近かったら、頻繁に通うのですが、この極寒の中では、
バス停一つを、歩くのも躊躇われます。

氷雨が降り始めて来たというのに、彼女と別れた後は、
急なお届け物があり、二日続けての河原町行き。
イブの日と土曜日が重なり、我が国のカップルの全てが京都へ来たのでは、
と思われる位の、紅葉の頃の人出とは比較できない位の人出で、
河原町も四条通りも、カップルで埋め尽くされ、
もう1箇所立ち寄りたいところがあったのですが、3番のバスが来たので、飛び乗り帰宅。
しかし、何故にそんなに京都が良いのか・・・・。
posted by cocoacat at 23:05| 日記 | 更新情報をチェックする

2022年12月23日

凍てつく日の外回り

12231.jpg
風に吹き飛ばされそうになりながら、河原町へと。
メモに書かれた順番に、約束のランチタイムから喫茶店へと移動。
別れて、丸善の地下の古本市からマロニエへで案内状を受けとり、
今日も両手に大荷物で、頸椎が悲鳴を上げているのです。

それでも最後に、明日がクリスマスイブだと言うことを忘れて、
大丸の地下に入れば、購買意欲に満ち満ちたお客様で溢れ、レジも長蛇の列。
今年は、何が何でも自宅でクリスマスを、との殺気すら感じられ、
驚きの余り、気もそぞろに品薄な棚から適当に見繕い、帰宅。
外気温2度〜0度の日の、無謀な外出でした。
posted by cocoacat at 23:42| 日記 | 更新情報をチェックする

2022年12月22日

冷えます

12221.jpg
糊付け作業中。
posted by cocoacat at 23:59| 日記 | 更新情報をチェックする

2022年12月21日

糊付け作業中

12211.jpg 12213.jpg 12214.jpg
外は冷たい冬の雨。
雪になっても不思議ではない位に冷えています。

1ヶ月程前、突然首が上がらなくなり、
午前中は何とか真っ直ぐになっているのですが、夕方から怪しくなり、
午後8時ともなれば、作業をしていても、首がどんどん落ちて来て、
食事をするのもままならず、手で顎を支えて食べていたのです。

ここ何年も、太巻ローラーを転がして、頸椎を酷使して来ているので、
このまま元に戻らないのではと不安だったのですが、整形外科に行く前に、
頸椎の筋トレとストレッチで、何とか元に戻りました。
これに懲りて、日々のノルマのラジオ体操に、
この頸椎と肩のストレッチも付け加えることに致しました。

ああ、それにしても、普通に暮らせることの有り難さを、
しみじみと実感。
posted by cocoacat at 23:52| 日記 | 更新情報をチェックする