2021年12月14日

「若者よ!」

12月14日1.png
工房へ。
寒くなると覚悟をしていたら、思いの外暖かくて、
ほっとして西院から26番の市バスに乗車。

午後2時の車内は、殆どが、敬老パスを持った方ばかりで、空席はなし。
立っていても、ほんの10分〜15分のことなので、
今日の刷り色をぼんやりと考えているうちに、白梅町着。

ここでバスは、狭い道へと左折をするのですが、大学生と思しき男性が一人だけ下車。
扉は一瞬で閉まり、私が降りる次の「等寺院道」へと動き始めた、その時、
「あっ、今の人、座席にカバンをそのまま忘れたはるわ」との大きな声が。
「ええっ、カバン?」と私が振り向きますと、
何故かその重たい大きなショルダーバッグが、「これ!」と私に手渡されるのです。

へえっ、何で私やのん!と思う間もなく、閉じられた前扉が、
ささ、追いなはれ、追いなはれと、再び開けられ、
ええっ〜、私がこれを持って後を追うのかいなと思いながらも、
右見て、左見て信号を無視して走り、
目の前のスーパーに入った若者を追うのです。
ようやく見付けて、
「これ、お忘れですが」と声を掛ければ、若者は、驚きのあまり、声も出ず、
「ああっ、・・・ああっ、・・・持っているのも忘れてましたわ」。
これこれこれ、息切れて、倒れそうになってまっせ、私は。

もっと驚いたのは、スーパーから出てみれば、26番のバスは、前扉を開けたまま、
そのままその場所で停まっているのです。いや〜、待ったはるやん、と、
これまた必死で走って戻れば、
老人優先席の皆様が、拍手喝采で出迎えて下さって、
「いや〜、良かったわ〜。よう持って行ってくれはったわ〜」。

いやいや、喜んで頂けたのは、嬉しいのですが、
もはや、工房で作業をする力は残っておりませんでしたわ。
posted by cocoacat at 23:26| 日記 | 更新情報をチェックする