2015年01月31日

それはいつか

  42015_0130AD.JPG 


  あかるい水になるように    岬多可子

  灯りのともる室内から
  夜のみっしりと重い庭を
  見よう見ようとしなければ、そして
  見よう見ようとしても、でも。
  あかるいところから くらいところは見えない、
  そこで 草や石や幼いもの、
  知られずに 泣いているのかもしれないでしょう。
  夜を盗む指のような虫、
  葉よりも花 花よりも実を
  どうしたって 食い荒らしたいのが
  わたしだったのかもしれないでしょう、
  どうしたって あまくてやわらかいほうへ ほうへ
  身をよじりながら這っていって。 
  黒く濡れた庭から 灯りのともる室内は
  とてもあかるく とてもとおく思われました。
  その底近く 痛んでいるものたちは
  それぞれに 自分の傷を痛んでいる。
  あ、結ばれた草の傷から垂れるひとしずく、
  いつかずっと先 そっとひらかれるあたりで
  あかるい水になるように。

              掌詩集「水と火と」より全行




posted by cocoacat at 00:09| 日記 | 更新情報をチェックする