2021年10月25日

「載せるな」と言われても

10月25日  22.png
朝から、疲れてボーッとしているだけの一日。
いつも以上に、何杯も飲むのです。
紅茶は、ウィッタードのイングリッシュローズ。
美味しいです。
_________
10月25日 23.png 10月25日 43.pngY氏 10月25日 33.pngU氏
ブログに載せてはいけないと言われたのですが、見て頂きましょう。
元、少年お二人の、この着こなしを。
70代でこんな着方、なかなか出来ません。
特に、 U氏の昭和のちゃんちゃんこの様なこのお召し物は、
これ、どこで買ってきたんですか?と私に言わせてしまったこのお召し物は、
何と、結構なお値段のするものらしいのです。

ある日の七色の作家ものマフラーに、また別の日のゴブラン織りジーパンにと、
もっと色々と書きたいのですが、それは気力の漲っている別の日にして、
今夜は、ここまでと致します。
posted by cocoacat at 22:22| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月24日

怒涛の最終日

10月24日 8.png 
午後3時過ぎの河原町四条の交差点は、
祇園祭の歩行者天国と思える程の人の数。
「自由に動ける様になったら、最初に京都へ行きたい!」人の数なのです。
_________
10月24日 33.png 10月24日  33.png近藤あかね 10月24日 56.png出口ふゆひ
新聞掲載の影響たるや凄まじく、最終日も来廊者の途切れることはなく、
新聞の切り抜きを持ち、サイアノについて、色々と質問をなさいます。
忙しすぎる室田先生は、本日もオープンキャンパスでお見えになるのは、
搬出時間ギリギリの午後6時。
在廊している作家が、手分けをして質問に応えるのですが、
自分の作品については、詳しく説明が出来ても、
他の作家の作品については、特に立体展示の作品については、
「どうしたはるのかなぁ・・・・」と、何とも頼りないことです。
_________
10月24日 55.png搬出20分前で、皆様スタンバイ。
寒暖差の激しい中、ギャラリーにお立ち寄り下さいました皆様に、
お礼を申し上げます。
あまり知られていない、サイアノタイププリントを、
少しでも知って頂けたことを、嬉しく思っています。
posted by cocoacat at 20:12| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月23日

「青の力」

10月23日55.png 10月23日19.png 10月23日 21.png3階展示
美術ライターの小吹隆文氏が、京都新聞の美術欄で取り上げて下さいました。
昨夏のサイアノワークショップの後、何か面白いことをと、
3、4、5階の全てをサイアノブルーで埋めようと、参加者数名で企画はしたものの、
3、4階の作家は勿論のこと、5階の参加者の紆余曲折も激しく、
雨の日ばかりが続き、作品が本当に間に合うのか、
搬入の日までは不安だったのですが、何とか、最終日を残すのみとなりました。

本日は、新聞掲載の影響もあってか、午後7時迄、来廊者の途切れることはなく、
3階、4階、5階共、其々が、接客に追われた一日でした。
寒い中を、真にありがとうございました。
参加者全員、喜んでおります。
posted by cocoacat at 22:47| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月22日

4日目

10月22日 24.png 10月22日 34.png
行きは夏日、帰りは一気に冷えていて、
用意しておいたジャケットにコートで震えながら、帰るのです。
時々、画廊の5階の窓から西側のパチンコ屋と、河原町の人と車の流れを見ては、
金曜日の人出の凄まじいことと、嘆息。
マダムのお食事会の復活。グループでのお買い物も復活。
きゃーきゃー、わーわー、大爆発。
今でこれなら、「GoToトラベルキャンペーン」が始まれば、
どんな事になるのかと・・・。
_________
10月22日 23.png 10月22日 22.png
画廊内もそれなりの来廊者で人の途切れることはなく、
話し込んでいて、気付けば閉廊時間が過ぎておりました。

土・日は、出品作家の半数が在廊いたします。
どうぞ、摩訶不思議な青焼の作業の詳細を、お尋ね下さいませ。
posted by cocoacat at 23:32| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月21日

前半終了

10月20日 221.png 10月21日 34.png
昨日よりも、尚寒くて外気温12度。
コートに手袋、セーターの重ね着をして出掛けるのです。
夕方1時間のみの在廊でした。
_______
10月21日 33.png梅澤豊 10月21日 32.png山中隆
________
10月21日 22.png堂東由佳 10月21日 35.png2点展示をしております
丁度居合わせた参加者4人での、和みのひととき。
何の変哲もない会話の中に、次なる発想のヒントが隠されていたりして、
笑い転げながらも、これが、後々に宝になったりもする、
なかなか侮れないひとときでもありました。

明日は、在廊当番日で、午後7時迄おります。
どうぞ、お立ち寄り下さいませ。
posted by cocoacat at 23:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月20日

2日目

10月20日 333.png 10月20日 22.png 10月20日 33.png山中隆
当番の日ではなかったのですが、午後4時から在廊でした。
作品は、エレベーター前にも、展示されています。
どうぞお見逃しなく!
__________
10月20日 222.png江村忠彦10月20日 223.png宮本徳子(サイアノ+ドライポイント)
____________
外気温13度。
風が冷たく、コートに手袋、帽子にマフラーと冬の装いで出掛けました。
水曜日は凪の日とはいえ、あまりにも静か過ぎて、気を抜きますと、寝てしまいます。
5階で一人は、遊び甲斐があるのですが、あまり過激なことも出来ず、
会場内を何往復もして作品をじっくりと拝見し、ゆっくりと本を読み、時には柔軟体操を
しているうちに、3時間が経過。
空調設備の音だけを友とする、一人で在廊も、たまには良いものです。
posted by cocoacat at 22:52| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月19日

初日

10月19日 111.png 
午後3時過ぎに会場に入れば、人で溢れていて、
思わず、「何事なん?」。
最近は、学生の方が画廊に来ることもなくなり、
こんな光景が見られなくなって久しいのですが、
ファッションコースの1回生20名の来廊で、活気のあるスタートになりました。
___________
10月19日 33.png宮本徳子 10月19日 125.png菅原布寿史
_______
 10月19日 22.png出口ふゆひ 10月19日 23.png堂東由佳
サイアノ処理をしてからその上にドライポイントを入れる方もいれば、
反対に、ドライポイントの後に、サイアノ処理をなさる方もいて、
きれいに出ていた青が消えたり、紙が間に合わなくなったり、
そうかと思えば、初めての大きな布へのサイアノが、
搬入2日前に成功した方もいて、
搬入時間ギリギリまで、悲喜こもごもの舞台裏でした。
posted by cocoacat at 23:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月18日

明日から

10月16日 232.png 10月18日 22.png 10月18日 111.png
鈴木謙太郎個展 FIGURE AND GROUND    3F
室田泉個展   BLUE MOMENTO             4F
Looking for Blue 3                                 5F
10月19日(火)〜10月24日(日)
12時〜19時・最終日18時
ギャラリーマロニエ
_____________
あまり知られていない、太陽光を用いてのプリントです。
昔の日光写真を思い出して頂く方が、早いかもしれません。
3・4階が個展、5階は夏のワークショップに参加をした作家10名のグループ展。

ohpシートを用いたり、布に直接描画をしたりの極小の作品から大作まで、
ギャラリーの全てがサイアノタイプで、埋め尽くされるこの1週間に、
是非、お立ち寄り下さいますように。
posted by cocoacat at 23:52| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月17日

搬入終了

10月16日 232.png
_________
10月17日  1.png 10月17日  3.png 10月17日 2.png
__________
10月17日 5.png 10月17日   6.png
波乱含みの設営でしたが、何とか終了致しました。
お疲れ様でございました。
posted by cocoacat at 23:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月16日

嵐の前の

10月16日 232.png 10月16日222.png 10月16日 12.png
殆どの方の作品が届いたので、早々と荷解きをして、明日の設営に備えました。
3、4、5階と全てが、青に染まる1週間。
搬入前夜で、本日は早く休みます。

と、ここまで書いたところで、猫二匹が怖がるほど、大きく揺れました。
震源地は、京都府南部で震度3。
明日の搬入もひょっとして、大揺れかもと。



posted by cocoacat at 22:01| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月15日

いや〜、今日も暑かった

IMG_4491.JPG 
________
10月15日111.png
カットサロンの帰りに、マロニエへ立ち寄り、明後日の設営の打ち合わせを。
金曜日の河原町は、もう観光客で埋まっていて、暑過ぎて歩くのも大儀なので、
バスで烏丸まで出て、くまざわ書店の棚の前で、憩いのひと時。

四条の大垣書店も、つい最近閉店してしまい、
書店がどんどん消えて行くのは寂しい限りです。
街中に残るのは、河原町の大き過ぎるジュンク堂と、
四条烏丸辺りでは、SUINA室町の大垣書店と、
こぢんまりとした、この、くまざわ書店のみ。
ここの奥の棚は、行く度に何か見付かる相性の良い棚で、本日も2冊を購入。
アマゾンで買うのも便利で良いのですが、
やはり棚を前にして探す楽しみは、胸の高鳴りが違います。
posted by cocoacat at 23:33| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月14日

搬入前には

9月2日 1.png「午後のお茶を」
室田先生は、ご自身の4階の作品展の案内状、額、並びにその額の共箱、
芳名帳は勿論のこと、5階のグループ展の案内状から、参加者の額、キャプション迄、
ご自身の手で作られるのです。

10名それぞれに、度々の確認メールを出すのも大変だと思うのですが、
うちに送って下さった2点のタイトルは、
1、「ブロンクス動物園の午後」
2、「山路を登りながら」    とあり、
上の絵に、「山路を登りながら」は、少々苦しいかと思い訂正をお願いした次第です。
posted by cocoacat at 22:38| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月13日

無事に投函

10月13日 111.png 10月13日22.png
歌稿は、結社から10日過ぎに送られてくる結社誌の巻末に、
たった1枚綴じ込まれているものを使用するのが、きまりで、
ボールペンで書き、失敗をすれば白の修正液で訂正をするという、
なつかしの昭和の時代そのもの。
今月も何とかノルマの10首を捻り出し、ほっと一息です。
posted by cocoacat at 23:40| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月12日

さてと

10月12日  333.png 10月12日 33.png←怒涛の設営も終われば笑えます。
室田泉 個展「BLUE MOMENT」は、本日が初日です。
会場展示は、こちらからご覧下さい → 

「24歳の時に初個展をした場所で、30年経って開催出来るのは嬉しい限り」とは、
Instagramに記されている作家ご本人の言葉ですが、
最初の10年間は毎年、その後の20年間は隔年での個展開催だったとか。
激務の傍ら、30年の長きを制作し続けるのは、心身共に費用も含めて、
なかなか大変ではあったと思うのですが、何とかこのまま、
向こう10年間をも、駆け抜けて下さる様にと願っているのです。
posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月11日

次なる準備を

10月11日 11.png
10月なのに蒸し暑くてエアコンをいれています。
金曜、土曜と連日の無謀な工房入りに加えて、昨日の設営手伝いが重なり、
疲れ果てて、今日は金魚の様に、口を開いたり閉じたりするのみ。

次の転写の準備をしたいところなですが、身体が言うことを聞きません。
短歌10首の詠草原稿も真っ白なままなのですが、
全ては、明日、励むことにして、今夜はこのまま休みます。
posted by cocoacat at 23:53| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月10日

設営に6時間

10月10日 11111.png 10月10日 1111.png
________
10月10日.png 10月10日  .png 10月10日3.png
展示点数が、400〜450点程あると聞いた時の驚きたるや。
普通、45点でも多いと思うのですが、桁が一桁違うのです。
今回は全てが布地にサイアノプリントの展示で、その裏打ち作業も終わり、
余裕の設営と聞いていたので、夕方には終わると見込み、設営終了後は久し振りに、
丸善の棚を見るのを楽しみにしていたのです。

ところが、そんな蜜の様な展開にはならず、午後4時には終わる筈だった設営が、
急遽プッシュピン留めから、壁面に養生テープ+両面テープ留めへと変更になり、
白の養生テープに強力両面テープを求めて、東急ハンズやら、丸善へと、
助っ人2人が携帯で連絡をとりながら、走る羽目に。
これ、今日中に終わるのかと口に出すのも恐ろしい雰囲気の中、
助っ人の男性お一人が、ある時には、右手を痙攣させながらも励んで下さって、
ようやくに、午後8時過ぎに作業は終了。

マロニエ4階の壁面4面を、一部廊下までサイアノ作品で囲まれています。
お時間がございましたら、是非、是非、是非お出掛けくださいませ。
posted by cocoacat at 23:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月09日

本日も転写

10月9日 111.png 10月9日112.png 10月9日 1112.png
3時半から7時迄、どなたもおいでにならない工房で、2点の転写。
換気扇を全て回しても、シンナーの臭いは激しく、
出来るだけ予約カレンダーにお名前のない日を選ぶ様にしています。
今回は、初めて2版を作るので、位置合わせに少し手間取ったのですが、何とか終了。
____
10月9日 100.png
往路復路が別の26番のこの停留所をようやく見付けてからは、
行き帰りが楽になりました。
特に疲れて帰る時には、真っ直ぐ南に歩けば良いだけで、
時には、新しいカフェが出来ていたり、古い銭湯を見付けたりで、
覚束ない足取りではあるものの、バスを待つ間は、
どこか旅人気分になったりもするのです。
posted by cocoacat at 23:52| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月08日

過酷な一日

10月8日 11.png 10月8日 12.png 10月8日 13.png
工房で転写をして、ヘトヘトになって帰宅をすると、
郵便受けには、最後の刷りになる(ホンマか)、
ドライポイントの版が届いておりました。

刷り色指定が、手持ちのインクで可能かどうか不安だったので、
練ってみたところ、割と簡単に出たので、
そのまま試し刷りをして、ご本人に写真を転送。

例によって、いつの日の誰をを生きているのか、判らなくなっております。
本日は工房犬の写真を撮る余裕もなく帰宅をしたのですが、
明日も工房入りをして、転写2点の予定です。
posted by cocoacat at 23:36| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月07日

「不覚にも寝てしまっていました」

10月7日    1.png
昨晩遅くまでかかって刷った Y氏のドライポイントを持って、画廊迄。

これからお昼ご飯を食べますと、1時過ぎにメッセージが来たきり、
それ以降にお送りした連絡メッセージが開封にならず、
ひょっとして、食事の後、そのままのお姿で午睡タイムに入られているのではと、
危惧したものの、時間が来たのでそのまま市バスに乗車。

画廊に入れば、不安的中。やはりお姿はなく、何と午後4時前に、
「不覚にも寝てしまっていました。今から行きます」とのメッセージが来るのです。
やはり、寝ておいでだったのですね!しかも、2時間半も。

刷った版画にこれからサイアノ処理をなさるとのことなので、
版画紙のサイアノタイプ使用は難しく、
テストピースの紙を手渡して、手順を何度も、くどく、しつこく、説明をしたのですが、
手応えがあった様な、ない様な。
「時間がないからなぁ・・・・」と仰っていたので、テストピースを飛ばしての、
いきなりの露光に進まれるのではと、恐れています。
この様な時には、家に帰り、この曲をエンドレスで聴くのです。
posted by cocoacat at 21:27| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月06日

刷ります、刷ります

10月6日 水.png 10月6日 111.png
お昼過ぎに近くの有機野菜の店にリンゴを買いに出掛けただけで、
後は、昨日お預かりした、丸や四角を刷るだけの一日。
何度も、刷ったものを写真で送り、確認をとりながらの作業で、
時間がかかるのですが、自分一人だけでは、気付かない発見も多々あって、
勉強になります。

勉強にはなるのですが、さりとて、それが自分の仕事に使えるのかといえば、
そうでもなく、中途半端なところで浮遊するだけの、一日でした。
後、一枚を刷って、作業は、全て終了。
posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月05日

「丸 三角 四角」

10月5日   1.png 10月5日     5.png 10月5日   6.png
posted by cocoacat at 23:23| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月04日

栗を茹でながら

10月3日  5.png 10月4日 11.png 10月5日 12.png今月も呻吟中
栗を茹でながら、ドライポイントの刷りを続ける午後。
今までいい加減に茹でていた栗ですが、検索をしてみますと、
美味しく茹でるには、手間隙がかかることが判りました。
物は試しと、その通りに茹でてみたところ、ほんに、美味しく茹で上がりました。

いつもの様に、朝市で確認もせずに買って来た、栗一袋。
袋から出して計ってみますと、1キロで大栗30個が入っていたのです。
朝から、飽きるほど、胸焼けするほど、食べ続けて、まだ半分残っています。
posted by cocoacat at 23:53| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月03日

実りの秋

10月3日   1.png 10月3日    3.png 10月3日    2.png
午前8時半に南丹朝市に行けば、もう既に皆様カゴ一杯に買われていて、
野菜を手に迷っていたら、何も買えなくなるので、
私も自分の手にしたカゴに、躊躇わずにどんどん入れて行くのです。
8時45分、僅か15分で出されていた珍しい野菜は、殆どが売り切れてしまいました。

待ちに待った新米に栗が並んでいて、思わず「新米でたんですねぇ〜」と声も弾みます。
この南丹の米は、これさえあれば、生きて行けると思える程に、美味しく、
米好きでなかった私も、今や3食米の日もある位です。

殆どの野菜は、袋から出すのが怖いほど、はち切れそうになる程入っていて、
一袋が100円〜150円。
本日は、「野菜倶楽部」が休みの日なので、控えめな買い物になりました。
______
10月3日  5.png
待っていましたの刷り直しで、これから刷り始めます。
まだ、最後にもうおひとかたの刷りが待っているらしいのですが、
搬入は、17日。間に合うのでしょうか?
posted by cocoacat at 23:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月02日

「Looking for Blue」ーサイアノタイプの可能性を探る展覧会ー

10月2日111.png 10月2日11.png 10月2日  1111.png
秋晴れの土曜日、案内状を受け取りに、マロニエ迄。
市中はコロナ禍など何のそのの秋の観光シーズン到来で、怖い位の人出なのですが、
哀しいことには、四条通りにも空き店舗が目立ち始めていて、河原町通り同様に、
品も何もない通りになって来ています。

マロニエ3階壁面には、サイアノタイプ展覧会の大きなポスターが貼られていて、
室田先生の気迫が伝わって参ります。
まだまだ世に知られていない、「サイアノタイププリント」を知っていただこうと、
今回は、画廊の、3階、4階、5階の全てを使用しての展示となりました。

夏のワークショップ参加者の展示は、10月19日〜24日迄、5階にて。
梅澤豊(鋳金)・江村忠彦(立体)・近藤あかね(陶芸)
菅原布寿史(立体)・出口ふゆひ(陶芸)・堂東由佳(版画)・藤本裕紀(造形作家) 
宮本徳子(ジュエリー)・山中隆(絵画)・吉田佐和子(版画)   
posted by cocoacat at 23:50| 日記 | 更新情報をチェックする

2021年10月01日

めげずに10月

10月1日 12.png  10月1日 11.png
昨晩は、ほんの少しだけと横になり、起きたら、午前4時。
目覚めれば、もう10月なのでした。

転写に使う原稿作りは、時間がかかります。
工房入りに間に合わせる為に根を詰め、縮小拡大を繰り返しているうちに、
今が、午前3時なのか午後3時なのか判らなくなり、
「ああ、あきません。頭が壊れて来ています」と、夕方2時間の仮眠をとり、
先程まずまずの体調にて、復活。
posted by cocoacat at 20:26| 日記 | 更新情報をチェックする