2020年11月10日

身体に悪い骨董市

11月10日 1.png 11月10日 2.png 11月10日 7.png
毎月、ほぼ10日に、「平安蚤の市」なるものが、
平安神宮前の岡崎公園にて開催されており、
いつもはガラクタ市にご一緒する Tちゃんと、出掛けてみました。

「おじさ〜〜ん、このガラスのコップいくら〜?」と若いお嬢さん。
500円位のモノだけれど、きっと店主は1000円位は言うだろうなぁと見ていますと、
「それ、ええ感じやろ〜。1個2500円!」。
何と言う強欲な値段と吃驚仰天をしていますと、
「安いわ〜。2個買おうかな〜………」。
ええっ、ええっ!ちょっと、ちょっと、そんな物に5000円も出したらあかんやん。

尚も、お嬢さん、
「その横のガラスの器は?いくらなん?」
「それも、ええやろ〜、7000円。全部買ってくれたら、オマケするで」。
あまりの値段に、幽体離脱をした私です。

昔々の、分厚い未使用ノートの値段を尋ねると、「1万円」。
何かを手に取って見ることもなく、帰るまで腕組みをしたまま。
二人とも、これと言って買う物もなく、早々に引き上げました。
posted by cocoacat at 22:13| 日記 | 更新情報をチェックする