2019年08月21日

午後はボサノヴァ

ボサノヴァの前の、即興を重視した音楽、ショーロも物悲しくて、捨て難いのですが。
_________
8月21日3.jpg 8月21日1.jpg
起きて外が曇天だと、もう一日が終わったかのような、
何をする気力もなくなるのですが、
曇天の日は曇天なりの作業に切り替えて。
夕方の1時間の露光は、優しい青に、
紅茶の液に浸しますと、落ち着いた青に仕上がります。

昭和男子に、「今、日光写真をしている」と申しますと、
「懐かしいなぁ。小さい時やったやった」と反応は頗る良好なのですが、
平成男子に言えば、「それ何?」。
posted by cocoacat at 23:31| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

明日の用意をして

展示の壁面ノルマの分は、充分に足りているとは思うのですが、
青焼きはなかなか魅力的で、溶剤を買い足したりもして、
早起きは苦手な筈なのに、明日も鴉や蜘蛛と一緒に、働きます。
やれやれ。
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

ひたすら

8月19日2.png 8月19日1.png
太陽光が微笑んでくれるのは、午前8時から11時迄の3時間。
この間に、一気に作業を進めます。
キャンソンの版画紙は、水から上げても反りもなく、扱い易い紙です。
ふと思いついて、虎屋の羊羹の空き箱でも試してみました。
水の中に何度も潜らせても、乾いてからの歪みもなく、
封筒の展示台として使えそうです。
__________
毎日、興奮状態で、ビーズやガラスボタンを追いかけては、
飼い主を嘆かせる縞猫2号。
___________
8月19日4.png
ファブリアーノ紙の裏とバロンケント紙で感光させたもの。
どちらも捨て難い魅力です。
posted by cocoacat at 20:37| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

青焼き日和

8月18日1.png  8月18日3.png  8月18日2.png
起きると同時に、感光剤を塗った紙と、
ohpシートの切り抜きを持って、ベランダへとダッシュ。
感光剤の塗り方と露光時間に遊び心を重ねるのも新鮮で、
毎回、刻々変わり続ける青の色に、心を奪われます。

首は、鳩が餌を啄ばむ前後運動くらいにしか動かなくなり、
ハサミの持ち過ぎで、右手の親指が腫れ上がっているのですが、
ドンマイドンマイ。
明日も、午前7時に起きて、作業を開始です。
posted by cocoacat at 22:43| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

版画紙

8月17日7.png 8月17日2.png 
青焼きを、一番慣れている版画紙で試みたところ、
乾きますと、そこはかとない表情のある青が現われ出でて、にんまり。
ケント紙は、青が鮮やかに出て、好きなのですが、
この版画紙の青も、もう少し追ってみたいと思います。
posted by cocoacat at 23:22| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

無謀な墓参り

吐き気と目眩と頭痛で、倒れるかと思いましたが、
何とか午後7時過ぎに、戻ることが出来ました。
外出は、危険です。
出掛けたい展覧会もあるのですが、諦めた方が良さそうです。

これから、明日の感光剤を塗って、休みます。
posted by cocoacat at 21:32| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

繰り返す

8月15日3.jpg  8月15日5.jpg
晴れ間を見せながらも荒れ狂う風に、
黒猫は怯え、縞猫はと言えば、興奮をしてはしゃぎ回り、
「ちょっとそこのお嬢さん、疲れますよ」と飼い主に言われても、
乙女の声で、部屋中をギャロップ三昧。

サイアノタイプは、知らないことだらけで、
その分、飽くなき探求に心が踊ります。
posted by cocoacat at 23:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

室内にて

8月15日1.jpg 8月15日2.jpg
強い風でベランダでの作業が出来ない為、
大量に使うOHPシートの整理をと思っても、
これがなかなか進まないのです。

犬は尻尾を振り、愛らしく甘えてくれますが、
猫は尻尾を武器に、不平不満も露わに挑んできます。
毎日のことなので、慣れてはいますが、
小さなシートの欠けらが飛ばされて、いくつも行方不明に。
posted by cocoacat at 23:51| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

先ずは、10セット

8月3日3.png  8月13日2.png  8月13日.jpg
風と猫に邪魔されながらも、午前8時から作業を開始。
曇天で、なかなか思いの色にならず、嘆きの一日でした。

いつかのガラクタ市で山買いをし、
その後、マップケースの中で眠らせ続けていた、戦前の封筒。
引き出しを開ける度に、
同じ場所に同じ束があるというのも、辛いものなのですが、
いやいや、耐えた甲斐がありました。
封筒とカードをセットにして、先ずは10点をと目論んでいます。
posted by cocoacat at 22:24| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

そろそろ

8月13日1.png 8月11日3.jpg
本日も午前6時起床で、慣れない早起きは疲れます。
今夜も、そろそろ明日の感光剤を塗り、休まなければなりません。

お寺さんが見える、お盆とお正月は、
部屋がほんの一瞬だけ見事に片付くのですが、今回は間に合わず。
青焼きに使う、小さなガラス瓶やスパンコール、絹糸の山を、
珍しそうに東方見聞なさりながら、獣道を、
「この部屋、落ち着きますねぇ」と仰って、お仏壇まで。

魔界への入り口ですのに、
この分では、気付かれるのは、まだまだ先のこと。
posted by cocoacat at 21:50| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

農家の嫁

8月11日1.png  8月11日2.jpg
起床時間がどんどん早くなり、その分、就寝時間もどんどん早まり、
もう午後8時には、うつらうつらのここ数日です。
昨日は更新もせずに、作業台の上で横になり、
そのまま猫と一緒に朝迄!でした。

青焼きは、ようやく、一通りの実験を終えて、
馴染みのバロンケント紙へと戻ります。
posted by cocoacat at 13:26| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

真夏の肝試し

8月9日9.png 
連日、38度超えの中で、感光剤を4階で塗り、灼熱地獄の屋上で露光の作業。
このマロニエの6階から屋上への階段が恐ろしく狭く、
各自、こだわりの支持体を両手に、あるいは頭上に持ち上げての、
何度もの上がり降りで、疲弊の極み。
階段を踏み外す人が出なくて幸いでした。
___________
8月9日3.jpg 8月9日7.jpg
写真を何度見ても、指導する今井氏、教わる室田氏にしか見えなくて、笑えます。

室田先生は、和紙を使い色が出なかった今井さまに、
露光時間と紙の色の変化について、懇切丁寧に説明をななさって、
「先ほどは、何分の露光をされましたか?」と訊かれますと、
返ってきた応えは、「腹時計で適当に」。

人生、今井さまを、矢島さまを、山中さまを知る前と、知った後では、
生きる意味が、全く違って参ります。
____________
8月9日 8.jpg  8月9日1.jpg
午後4時半、会場の床掃除も済ませて、
丸善地下のカフェで、室田先生を囲んでお茶。
今後も、怪しい企画が続きます様に。
posted by cocoacat at 23:39| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

次から次へと

8月8日6.jpg 8月8日7.png
午前6時半に起床。
7枚の青焼きを試して、疲れ果てた身体でマロニエ着が午後1時。
本日は、室田先生が休まれて、私一人で暴走山中さまの見守りを致します。
出来るのでしょうか?
____________
8月8日 1.jpg 8月8日2.png
黙々と、黙々と右手の人差し指を動かせて、制作中。
露光に階段をせわしなく往復なさるも、作品の仕上がりが、今ひとつ安定しません。
そっと見ていますと、並々と水の入ったバットの中で、
露光済みの紙を、反応を見ながら、次の工程へと進まなければいけないのに、
1分も待たずに、手荒く次の水の中へと移されているのです。

「山中さま、そこは丁寧に、ゆっくりと5分間位は水の中で揺らさないと!
時間を計りますから、そのままお願いします」と言いながら、タイマー設定をして1分後、
ポチャン!水が跳ねる音と同時に、
「ああ、えらいこっちゃ。バットの中に携帯を落としてしもた」との大きな声。

私の事を信用しないで、
左手で紙を揺らせながら、濡れた右手で時間を確認しようとなさっての、落下その時!
右手と左手を別々に動かすことが出来たのは、もう昔々のこと。
心は少年でも、身体は、ゆるゆると、ゆるゆると・・・・。
___________
8月8日4.jpg  8月8日5.jpg
菅原布寿史氏は、何種類もの和紙で明日の太陽に挑まれます。
posted by cocoacat at 22:04| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

休日

8月7日1.png室田先生の箱物(中心部分布地張り)
__________
8月4日6.jpg
ワークショップは休み。
終日たまっていた雑誌の切り抜きでした。
フランスの雑誌は、紙質は悪いのですが、割付が小粋で、
鋏を持つ手が喜びます。
posted by cocoacat at 23:44| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

今井さま・矢島さま・山中さま

8月6日1.png 8月6日7.png 
ワークショップ2日目。
参加者が、初日に集中して、本日は4名のみ。
台風の目の矢島さまがお入りになるので、
気を引き締めて、午後3時にマロニエ着。

会場に入ると同時に「山中さまは?」と訊けば、
「一人で屋上に。上がられてまだ8分なので、大丈夫です」と室田先生。
この暑さの中での作業です。
一番年上なので、倒れられてはと、皆でそれとなく心を配ります。
___________
8月6日2.jpg 8月6日3.jpg 8月6日5.png
昨日の今井さま、本日の矢島さまと、強烈な個性の持ち主で、
話を聞いているうちに、何故かこちらの仕事がどんどん増えていくのです。
__________
8月6日8.png 
「あのですね、ここのですね、これを反転させて、
そして、ここを切り取ってですね、ああ・・・、ダメですかね。
やっぱりやめときます・・・・。
・・・・うん??いや、やっぱり出来る・・・かも。お願いしても、良いですか?」。
結局、室田先生が大学にて、プリントアウト。
______
8月6日9.jpg
土曜日の設営でお疲れになったのでしょうか、
帰り道でバイク事故にて、膝を骨折なさったスタッフのH君。
毎日、お年寄りに席を譲って頂いて、市バスで画廊まで通って下さっているのです。
posted by cocoacat at 19:31| 日記 | 更新情報をチェックする

「サイアノタイプ ワークショップ」怒涛の初日

8月5日1.jpg 8月5日2.png 8月5日4.png
午前11時から午後5時過ぎ迄、12名が参加。
初対面の方も多く、
誰が誰だか話をする余裕もなく、全員が、
「うまく出た」、「いや、薄かった」と太陽光の反応に一喜一憂して、
4階、5階、屋上と階段を慌ただしく上下。
________
8月5日5.png 8月5日6.jpg8月5日7.png  
案を練り、長年の骨のコレクションを使ってみたり、
こだわりの布で試みたりの、より良い影を求めての、制作。
箱に大量にあったohpシートも、2日目で終わりそうです。
_____
8月5日 8.jpg 8月5日7.jpg
「山中さんはどこへ行かれたんです?」と室田先生。
「山中はどこに行ったんや〜?」と梅澤氏。
山中氏が、度々に姿を消されるので、
私は彼を探し求めて、階段を上がったり下がったりだけで、3000歩。
今回も、手強い山中様です。
posted by cocoacat at 02:37| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

明日から

8月4日2.jpg  8月4日5.png
昨日は、危険な暑さの中での設営で、疲労困憊。
少しだけ横になるつもりが、目覚めれば12時間も寝てしまって、
今朝の午前8時。
急いで南丹朝市へ出かけたのですが、美味しいと評判の大きなトマトは、
全て売り切れでした。

明日から始まる、太陽光頼みの「サイアノタイプ ワークショップ」。
初日の参加が、午前と午後合わせて、11名。
予報では今週は台風の影響で、曇天の日が続きます。
せめて明日だけでも、綺麗な青が出てくれます様に!
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

外気温38度

8月3日1.png  8月3日2.png 8月3日4.png
__________
8月3日5.png
「サイアノタイプ」ワークショップ、無事に設営終了。
posted by cocoacat at 19:24| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

昨日・今日・明日

8月2日4.png 8月2日5.jpg 8月2日2.jpg
息も絶え絶えの暑さの中、
朝夕にはひぐらしが、か細く鳴き始め、
ほんのひと時の辛抱です。

青焼きの作業は、毎朝8時から開始、終了は午前10時。
一度、1時間程横になり、午後からは、外出。
何事も、通り過ぎるものと言い聞かせて、タフを装います。
posted by cocoacat at 23:50| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

命懸けの密会

8月1日.png 8月1日2.jpg 8月1日3.jpg
久し振りに、紫色の煙を出される方と密会です。

都大路は、身も心も溶けそうな暑さで、
生きて帰れるだろうかと思いながら、へろへろの身体でイノダ着。
いつお会いしても、健康そのもの。
最近は引き篭もりがちと仰るのですが、
次の個展が最後になると思うと仰るのですが、
そんなに体調は良くないと仰るのですが、
そこそこ弾んだ会話の後、
「ちょっとスニーカーを買いに行くのに、付き合ってくれるか?」。

早足でこの姿勢、私の前を、どんどん、どんどん、先へ先へと。
大きな袋の中には、何が入っているのでしょう?
優しい私は、黙って後を追いかけるだけです。
posted by cocoacat at 23:50| 日記 | 更新情報をチェックする