2017年12月31日

心持ちはとろんと暗く

  12月31日.png 


  標本帖     岬多可子


IA    

  魔法瓶は覗くときらきらした鏡で

  つるつるした茶色の

  陶の湯たんぽもありました


  ひと晩 冷めていったのを

  翌朝 洗面器にあけてもらって

  お顔を洗っておいで


  まだ 心持ちはとろんと暗く


  磨りガラスの向こうの雪

  うさぎの南天の目の赤

posted by cocoacat at 00:02| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

牡蠣デート

十二月三十日.jpg
牡蠣を届けて帰るつもりが、あらまあ、どうしましょう。
御池通りから烏丸へと、ゆっくり歩き、
互いに紫色とオレンジ色の煙を身に纏い、お茶を飲みながら、小一時間。
打ち合わせという名の、牡蠣デート。
愉しいひとときを有難う存じました。


ガラクタ市.jpg「アメリカのガラクタ市にて」と友人から
今年1年、お世話になりました皆様に、心からのお礼を申し上げます。
有難う存じました。
来年もどうぞ、薄い愛を下さいますように、お願い致します。

どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。


posted by cocoacat at 17:06| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

するすると

お昼過ぎに、カバクリーナーが届き、説明書通りに2プッシュ。
静かに鍵を差し入れますと、するすると、鍵が通る様になり、
これで、年末年始は、一安心です。
左側がMIWAの殆どの鍵に使用できるスプレー。
右側がピッキング防止用に作られた鍵、KABA専用のものです。

合鍵を発注する時には、個々の鍵に刻印されている、番号が必要で、

失くした時の煩わしさを考えると、ついつい、スペアキーを余分に作る事になり、

不経済と言えば、まぁ、そうなのですが。

posted by cocoacat at 23:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

外に出られず

12月28日.jpg  12月28日.jpg
昨日、都大路に出かけるつもりで、いつも通りに鍵穴に鍵を差し入れたところ、
回りもせず、抜くことも出来ずで、この寒空にと焦りました。
小刻みに押したり引いたりしているうちに、ようやく抜くことは出来たのですが、
怖くて鍵穴に鍵を差し入れる勇気はなく、
鍵穴スプレーを発注して、待つこと1日。

朝から待って、夕方ようやく届き、
さあ、外出出来ると喜んだのもつかの間。
箱の裏書きには、
「KABAと刻印されている鍵には使用できない」とあるのです。
自宅の鍵を確認してみますと、その忌わしい4文字が、
しっかりと並んでいて、意気消沈です。

明日もう一日、
KABA用スプレーが届くのを、待つ身です。

posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

電光石火

着せ替え.jpg
25日のリトスタジオで、おやつを食べながら、
「マロニエの3階なら丁度使い勝手も良いし、
版画女子のグループ展が出来たら良いのにね」と話が盛り上がり、
「6月26日からだったら、ベストです」と出口さん。
「私もその頃だったら、大丈夫です」と矢島さん。

来年、画廊に行った時にでも話をしてみようと思っていたら、
偶然、マロニエから別件で電話が入り、
手短に説明をしたところ、
「その週は空いていますから、どうぞ」と。

あな恐ろしや、誰かが何処かで見ているのでしょうか?
「版画女子展」 2018年6月26日〜7月1日の会期で決定です。
posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

昨晩

昨晩、ブログをアップした後、冷蔵庫から何か(思い出せない)を出し、
小鍋に入れて火にかけ、 余程疲れていたのでしょう、
そのまま、キッチンカウンターの前でしゃがみ込み、寝てしまっていたのです。

パチパチという音で気付けば、鍋は空になっており、
部屋中に煙が充満し、警報器がなる寸前でした。

何事もなく、今年一年が終わりますように。
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

版画女子

12月25日 8.jpg 12月25日  4.png 12月25日  8.jpg
出口ふゆひさん、矢島操さんとご一緒に、午前11時から午後9時迄。
製版から刷りへと、殆どの作業は立ったまま。
お二人とも片付けが終わると同時に、へなへなと崩れるように椅子に座り込み、
「あかん。このまま此処で眠ってしまいそう」。

12月25日 .jpg
リトグラフ経験10ヶ月の私が、お二人揃っての作業に付き添うのは、
無理がございます。
「ちょっと、質問なのですが」と言われる度に、
「難しいことは、一切訊かんといてね。私も素人やから」と、慄える小鳩でした。
エッチングと違い、リトグラフは、一瞬で版が絶え果てる事もあり、
何度、三人で、手を合わせて、神に祈ったことか。

お二人とも8枚を刷られて、まずまずの3回目でした。
次回は、1月8日。

改まった言葉を交わした訳でもないのに、
人が繋がり、和んで下さるのは、嬉しいものです。
何よりのクリスマスプレゼントを、ありがとうございました。


posted by cocoacat at 23:37| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

めらめら炎を

クリスマスイヴだというのに、それどころではなく、
必死で明日の用意なのです。

矢島さんと出口さんのお二人が、先週の倍の大きさの版を、
製版から刷りへと進まれます。
出口さんは、何事も計画通りになさるので、心配はないのですが、
矢島さんは、予測がつかず、
「どんな感じですか?」とメール伺いです。

「搬出等、色々あって作業が出来ず、24日、いち日で仕上げるつもりです。
 めらめら炎を燃やします!」

もう充分過ぎる程充分に、めらめらだと思うのですが。
お正月は、刷ったばかりの版画に囲まれて、
「ほうほう」と鳴いて過ごしたいとも仰っています。
お会いして、明日で4回目。鈴木陽子さんとも、そんな回数かと。
このお二人と笑い転げて会話をしていますと、
必ず聞こえてくる、中島みゆきの「糸」。

縦の糸はあなた横の糸は私
逢うべき糸に出逢えることを
人は仕合わせと呼びます

posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

15000歩

12月23日.jpg 12月23日  2.jpg 12月23日 5.png
今回の「ジャコメッティ展」は、マーグ財団美術館の全面的な協力の元に、
選りすぐりが展示されるとあっては、
寒くても、疲れていても、遠くあっても行くのです。
東京展が最後まで空いていたと、あちらこちらで書き込まれていたのですが、
ここ豊田市美術館も、空いておりました。

版画作品は、リトグラフが多く、エッチングは10点もあったかどうかなのですが、
ドライポイントの一気呵成の美しい線。
細く鋭く迫ってくるエッチングの黒の線に魂を奪われて、
一人彷徨う2時間でした。

この美術館に何度も行っている友人からは、
駅から20分もの勾配のきつい道を、良く歩いたと、
驚きのメールが来たのですが、
いやいや、そこはそれ、分を守って、往復タクシーに。
それでも、1万5000歩いて、疲れ果てました。


posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

息も絶え絶え

豊田市美術館は、宇宙の果てにあるのかと思える程、遠かった。

犬派と猫派に分かれて撮影なさっているのを、
丁度見渡せる上の会場から眺めているのも、愉しいものでした。
猫派の方は、接近し過ぎて、
「この白い台の中へはカメラを入れられません様に」とのお言葉を度々に。

12月22日 2.png12月22日 11.jpg12月 22日 9.jpg
「いや、頭が!」「尻尾もな!」ともう夢中です。



12月22日.png 12月22日 5.jpg
生きて戻っては来たものの、豊田駅にて帰りの切符を買い、
買ったばかりの図録、その他諸々を、そのままそこに忘れて帰ってまいりました。

本日も、このままお先に休ませていただきます。





posted by cocoacat at 23:30| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

明日は遠出

12月21日.jpg
不良の生活が長かったので、自分で切符を買い、
自分で歩いて現地まで行くとなりますと、
一気にハードルが上がり、未だに緊張をするのです。

目覚ましは、午前7時にセットをいたしました。
苦手な名古屋の地下鉄に乗り、おまけに乗り換えをして終点迄。
そこから、またバスに乗って、等等。

京都より寒いと聞いては、
ああ、行くのを止めようかしら。

posted by cocoacat at 23:37| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

忘己利他

十二月二十日.jpg
400年も生きていますと、殆どのことは、もうどうでも良くなっております。
生きているのやら、そうでないのやら、自分でも理解出来ていないのです。
それ故、出会った人に誘われるまま、ひるまず、臆せず、
笑いながら、森の奥へと何処までも。

この暮れに、アルミ板を磨き、石を磨き、25日の女子会に備えるのですが、
この身が、いつ迄もつのかと、些か不安です。
今年1年、こればかりを言い続けて来た様な気もするのですが、ははははは。
まぁ、とりあえず、笑っておきます。


posted by cocoacat at 23:59| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

本当に最後?

十二月十八日 3.jpg
矢島さんと出口さんのお二人は、来週の25日にも、スタジオ入りをなさるのです。
午前中に1時間程、先生が指導をなさって、午後は、
「吉田〜、大丈夫か?スイッチは緑でスタート、赤が停止やで!」と、言われ続けて、
ようやく電動プレス機の操作を覚えた、私が付き添うのです。

二人同時の助っ人は初めてで、おまけにそのお二人が、3度目のスタジオ入りとあっては、
流石にどないな事になるのかと。

posted by cocoacat at 23:56| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

「いや〜、どうしよう!」

十二月十八日 1.jpg  十二月十八日 5.jpg 十二月十八日 6.jpg 
矢島操さんと出口ふゆひさんは、午前11時から7時迄。
私は、3時から午後10時迄の作業でした。

午後3時半、更紙での試し刷り3枚を終え、
矢島さんが、遂に版画紙での本刷りに挑戦です。
「ああ、本当に、初めてのリトグラフ!ドキドキです」。

電動プレス機が止まりますと、
「上手く刷れています様に!」と独り言を言いながら、
ゆっくりと祈る様に紙をめくり、叫ぶ矢島サマ。
「いや〜〜、どうしょう!!!」。

あまりの肉声に、
「どうしました?」と先生、
「先輩、何があったんですか?」と出口さん、
「何なん?失敗?」とわたくし。

「違うんですよ。いや〜、どうしょう、初めてやのに、めっちゃ綺麗に刷れてるんですよ〜」。


十二月十八日 4.jpg 十二月十八日 10.jpg  十二月十八日 11.jpg
出口ふゆひさんも、時間をかけてブルーと黒のインクで、刷り終えられました。
たった2回で、描画から製版、刷り迄の作業をつつがなく終了。
恐るべし陶芸女子。日頃の土練りで培われた疲れ知らずの身体です。

posted by cocoacat at 23:49| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

明日の用意

12月17日.jpg 12月17日 1.jpg 
午前7時に目覚ましをかけておいたのに、起きられず。
午前9時に今年最後の南丹朝市に行けば、
柚子に餅、大根、白菜の山にも負けない、ご近所の奥様方の山。
寒風の中、
「持てる?なぁ?ほんまに持てる?、大丈夫?」と言われる程の、
両手に山の野菜を買い、ふらつきながら帰宅。


12月 17日 7.jpg 12月17日 5.jpg
明日は、今年最後のリトスタジオ入りで、
簡単に出来て、効果的な方法を模索するのです。
黒に金などと、あざとい事は出来る筈もないわなと独り言を言いながら、
何故に 試し刷りをするのでしょう。
posted by cocoacat at 21:44| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

捗らないのです

12月16日.jpg
受け入れている様でもあり、拒んでいる様でもあり。
前へと進めたいのか、そうではないのか。
熊の心は、熊に訊いた方が良さそうです。
で、どないなん?

posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

そっと読むのも


12月15日.jpg
岬多可子さんのファンの方には、朗報です。
ブログを公開なさいました。→  「青闇色の」
今のところ、毎日更新中の山口賀代子さんのブログは、こちらから→「川岸から」

存じ上げている方のブログを、好きな時間にそっと訪問するのは、
なかなか娯しいものです


posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

密会

12月14日.jpg  12月14日 1.jpg 
極寒の1日だったのに、密会を企てるのです。

いつもとは違う場所で、人目を避けての待ち合わせ程、
ときめくものはございません。
一軒目の喫茶店にて90分。
寒風の中を西に歩いて、辿り着いたケーキ屋でも80分。

打ち合わせと言う名のデートもあれば、
デートと言う名の打ち合わせもあるのです。
さて、今日はどちらだったのでしょう?

posted by cocoacat at 19:43| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

いくらでも

12月13日.jpg
矢島操さんの個展は、恵文社の生活館ミニギャラリーにて開催中です。

__________________________
眠っても、眠っても、眠っても、
1日中眠り続けたというのに、まだまだ眠りが足らないのです。
余程、疲れているのでしょうか?
それとも、あまりに強烈だった、矢島操ショックなのでしょうか?

今年も、残り僅かだと言うのに、
まだひと波ふた波はありそうな気が致します。
posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

ボードには

12月13日.png
スタジオ入りをなさっている方の個展の案内状が、
いつもボードに、紹介されています。

今月は、
矢島操さんが、12月9日(土)〜22日(金)迄、恵文社にて、開催中。
タニグチアカネさんが、12月21日(木)〜26日(火)迄、中宇治のyoriaiにて、
個展をなさいます。
お時間がございましたら、お立ち寄り下さいませ。


posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

大物!

外気温2度。午後2時過ぎにリトスタジオ着。

陶芸家の矢島操さんと、出口ふゆひさんは、午後1時からのスタジオ入り。
アルミ板の洗いから始まり、私が入った時には、描画画材についての長い説明を、
何が何だかさっぱりなぁの顔をなさりながらも、真剣に聞いていらっしゃいました。
「はい、では描画にかかって下さい。今日は、製版まで行きましょう」の先生の言葉と同時に、
出口さんは、用意をして来た下絵を出して、いざ作業に!

ところが矢島さんは、小さな優しいお声で、
「あ、あの、私、今日は下絵を何も用意してこなかったので、
直接アラビアゴムで描いて、白抜きにします」。
描画画材をすっ飛ばして、先生を唸らすいきなりの掟破りです。

そして窓際にお座りになって15分。
今度はおもむろに立たれたので、何か質問かなと待ちますと、
「あ、あの、こんな感じで、良い...かなと?
これで、行ってみようかなと.....。
出来ました!」。

たったの15分で描画が終了と聞き、
吃驚のあまり、声も出ないスタジオの残り三名。


大きなローラーも矢島さんが転がしますと、小さく見えるのです。
初めてのリトグラフ、本日は、製版まで。来週の18日には、刷りへと進まれます。
大柄ではいらっしゃいますが、指は細く何処までも長く、繊細な手をなさっています。

午後7時に出口さんがお帰りになった後、一人残って午後9時半迄。
初めての石版石!
ときめきますが、時間がかかります。
posted by cocoacat at 23:49| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

何故に

ご近所にお住まいの詩人、山口賀代子さんが、
ブログを公開なさって、毎日更新をなさっていると聞き、
なんぞの足しになるかと、
ご近所の「こうもり菓子」までお誘いをして、情報の提供を。

こうもり菓子 4.jpg 十二月十日 3.jpg
堤の上から見ても、下の近道から見ても、
こんな風景の中にパン屋さんがあるなんて、誰も思わない、
見つけるのに、少し時間のかかる「こうもり菓子」。
カレーパンは、開店と同時に売り切れるので、
電話予約をなさった方が確実です。

posted by cocoacat at 21:11| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

それなりに

十二月九日.jpg
気分のあまりすぐれない日でも、それなりに出来ることはあるもので、
コピー転写の用意をし、心を整え、
ゆっくりとお話をさせて頂く準備も整え、深呼吸を10回程。
今夜も、お先に休ませて頂きます。


posted by cocoacat at 23:59| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

朝から

12月8日.jpg
今年一年の疲れが出てきたのか、朝から目の中に、
光る三日月、閃輝暗点(せんきあんてん)が浮かび、
体調不良の、一日でした。

ストレスが原因とされているのですが、
目を閉じても光は消えないので、
ただひたすら消えてくれるのを待つしかなく、
本日は、バスタブの中で、耐えて40分。
ストレスの原因は、良く解っているのですが。

posted by cocoacat at 23:53| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

細い道

午前8時半に、昨日の作業を知っている友人から、
「生きていますか?」とメールあり。
「生きてはいても、身体はあの世」と応えて、
ようやく起きたのは、午前10時。

昨日、石で石を必死で磨いている時に、
梅澤氏から、「吉田〜、どない?」と訊かれ、
「こんなもの、ちょろい、ちょろい。70歳とは違いますもの」と応えたのですが、
いやいや、あなた、今日はね、身体がね、動きませんの。


posted by cocoacat at 23:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

命からがら

6日.jpg 六日 1.jpg 六日 2.jpg
大変な一日でした。
ワインを片手に、スタジオに辿り着きますと、この光景が!
大きな石油ストーブを傍に、長老お二人に、出原先生が、指導中。
教える方も、教わる方も、外気温3度とあっては、命懸けです。

2時スタートで、気付けば、午後5時。
終わってワインとチーズで午後7時過ぎ迄、ミーティング。

私も、自分の石を2点、研磨をしたのですが、
身体が冷え切り、写真を撮る余裕など、ございませんでした。
次回のスタジオ入りは、11日。
陶芸家のお二人とご一緒致します。

posted by cocoacat at 22:25| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

寒くても

12月5日 1.jpg  5日.jpg  12月5日.jpg
極寒の一日でした。
Kちゃんと待ち合わせて、今年最後のSちゃんのお墓まいりに。

明日は、予定では、戸外で水を使い、石版石を磨くことになっているのです。
70歳の長老お二人には、
「たいそう冷えますが、明日は如何なさいますか?」とメールを入れますと、
「とりあえず、行く予定です」と梅澤氏。
「明日は更に冷え込むらしいですが、行くことにします」と山中氏。

ああ、・・・・・・。
キャンセルを期待していた私が、甘かった。
今夜は早寝をして、明日に備えます。

posted by cocoacat at 23:53| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

準備

鋏.jpg
ガラクタ市で、「どれでも200円。沢山買って頂戴」と言われて、
鋏好きの友人にプレゼントをしようと買った三挺。
研いでみますと、どれもが指に馴染み、恐ろしくよく切れます。
盆栽用かと思われるのですが、大きな紙からの切り崩し用に便利かと。


12月4日 2.jpg 12月4日 1.jpg  12月4日.jpg
買ってきたレース見本も水に浸し、慎重に台紙から剥がして、
石のレッスンへの、試行錯誤。


posted by cocoacat at 23:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

今年最後のガラクタ市

12月3日.jpg 「あ〜あ、寝はりました」。


12月 3日 1.jpg
起床、午前5時。
午前7時の東寺から始まり、
ガラクタ市の帰りに、美術館、骨董屋、画廊へと浮遊し、
帰宅は、午後9時。
両手に大荷物で、誠に無謀な1日でした。

思いますに、なんぞ逃げたいことがあるのではと。




posted by cocoacat at 23:56| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

悩むところですが

起きたて.jpg起きたての、おあげちゃん。

散歩 2.jpg 散歩.jpg
岩田山モンキーパークの、最新のブログには、
紅葉はまだお楽しみいただけます」と記され、
ほんに美しい写真が載っております。

山道を歩き、ひっそりと考えたい事もあるのですが、
久し振りに、どう猛な猿に餌を与えてみたい気もするのですが、
明日は、今年最後のガラクタ市!
そんな博打は出来ません。

スタッフの方のブログはこちらから。興味深くて笑えます。
posted by cocoacat at 12:49| 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

嘆きの12月

12月 1日 6.jpg 12月1日  2.jpg 12月1日  5.jpg

午後3時半から、嵐山へと散歩に。

金色の小さき鳥が飛び立っても、美しさが際立つ銀杏です。

1ヶ月後が、元旦だと思いますと、些か焦りは致しますが。


12月1日.jpg 12.jpg 

紅葉のピークは過ぎたものの、同時に観光客も少し減り、

ひとり紅葉狩は、まだまだ可能です。

12月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)は、

嵐山モンキーパークが夜間、無料開放されます。 →

3キロの山道ですが、是非!


12月 1日 3.jpg

今夜も、5回目の餌を待つ猫1匹。

posted by cocoacat at 23:56| 日記 | 更新情報をチェックする