2014年12月31日

その手の中に

  2014_1213AR.JPG 

  冬は柚子    岬多可子


  ひくい陽のめぐりを惜しみ
  いくつも灯った珠を うけとる午後。
  心を放ち しずまっていくように
  枝々は ほとり ほとり
  ふくらかな光の荷を下ろす。
  一顆。てのひらにあり
  さいわいというものの 重さは これくらい。
  そうしているあいだにも
  沁みるほどに香るのは
  いきいきとした傷もあってのこと。

                  小詩集「賦香紙」より 全行



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年も色々とお世話になりました。
心よりお礼を申し上げます。有り難う存じました。
来年もその薄い愛でお導き下さいますように。
どうぞ佳いお年をお迎え下さい。



posted by cocoacat at 00:21| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

欲深いと

2014_1229AA.JPG → 2014_1230AA.JPG
切り抜きの整理をし乍ら作品をと試みた結果が、この有様です。
1月4日は、もう初ガラクタ市で、
それ迄に、ドライポイントの作品を何とかと思っているのですが、
その前に、この切り抜きを何とかしないと.....。
時間がないので、大晦日も元旦も関係無しに、励みます。



posted by cocoacat at 23:10| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

点いたり消えたり

2014_1230AB.JPG「大丈夫なん?」
何がどうなったのか、判らないのですが、
突然写真のアップが出来なくなり、そのうちに更新も全く出来なくなり、
諦めていたら、何でしょう、元に戻り写真も更新もいつも通りに。
ついているのは、狐でしょうか、狸でしょうか。
posted by cocoacat at 23:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

今年最後の日曜日

2014_1228AE.JPG 2014_1228AH.JPG 2014_1228AC.JPG
餌くれくれコールにも負けないで、今年最後の食事会。

情緒不安定な友人が気掛かりで、
食事の間も、メールが入っていないかと、何度も携帯を確認する。
長い時間を共有した者同士の別れが、
そうすんなりとはいかないのは、充分承知しているが、
この暮れの28日に、一方的に話し合いを言い渡した彼の心と、
言い渡された彼女の胸の内を思うと、何とも暗い気分になる。
いくら心が離れたとはいえ、弱っている彼女を、
強いて闇へと放り出すような事だけは、避けて欲しかったのだが。


posted by cocoacat at 23:39| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

仰天

2014_1227AA.JPG「ふふ。黒猫の心奪いましたえ」。

2014_1227AE.JPG 2014_1227AD.JPG 2014_1227AC.JPG
何度確認しても、ペロペロと舐めているのは、黒猫アラレの方です。
人はもちろん、猫の「嫌いです!」の言葉も信用出来ませんわ。






posted by cocoacat at 23:49| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

届いても

2014_1226AB.JPG  2014_1226AC.JPG
ここ数日の慣れないトナカイの労働で疲れ果て、
朝一番に宅急便が届いたのは知っていたのですが、起き上がれず。
再配達にて届いたのは、午後の8時半。
凍てつく都大路へ、この時間から持って出掛ける勇気もなく、
おまけに、年に1度の引出し整理と重なって、
走る牡蠣女のノルマは、明日以降に。



こんな寒い夜の気掛かりは、外猫のこと。
1年前のちょうど今頃、花の木シェルターでは、
「ロミ」と名付けられていた、縞猫2号。
助けていただいて、ただただ感謝の気持でいっぱいです。




posted by cocoacat at 23:49| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

クリスマス寒波

2014_1215AI.JPG
何かと考えることの多いこの日です。
昔昔、サンタクロースなる人は、束になって来ていたと記憶しているのですが、
いつの頃からか、ふと気付けば、自分が赤い服を来て、
いやいや、時にはトナカイとなって、空を駆け巡るという不思議。
人生は、真に深いものです。


2014_1118AJ.JPG  2014_1118AA.JPG
クリスマスなど関係無しで、いつも通りの、餌くれくれの縞猫2号。
眠る姿は、「おばちゃん」と言うより、すっかり「おっちゃん」で、
飼い主を嘆かせております。


posted by cocoacat at 23:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

微かな声の届く夜

 2014_1224AA.JPG


  まだ空はじゅうぶん明るいのに   伊藤悠子
 
  まだ空はじゅうぶん明るいのに
  フェニックスも松も
  影をなくしている
  それでこんなに景色はしずか
  海沿いのホテルの庭の
  遊具の動物たち
  ライオン、パンダ、ウサギ、カメ、イルカがみえる
  五つでゆるやかな弧をえがいている
  このしずけさにふさわしいものはこうしたもの
  小さいひとを驚かさないようにいつも先にぼんやりと驚いているような
  ライオン、パンダ、ウサギ、カメ、イルカ
  いちども命がなかったもののおだやかさで
  この星にいて
                       全行
    




posted by cocoacat at 20:28| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

ありがとうございました

今年最後の打ち合わせにマロニエまで。
企画展の話は、先へ先へと進んでいるのですが、
参加者が強者ぞろいで、なかなか大変です。
2月末まで、身体がもつかと不安です。


2014_1223AA.JPG
置いて頂いていたカレンダーは、
猫好きのI子ちゃんの直裁な言葉が、
猫好きの作家の心にぐぐっと迫ったのか、一部を残すのみとなっておりました。
丁度、友人が欲しいと言ってくれたので、本日にて完売。

21歳の猫を飼っていらっしゃるお客様が、
「家猫は長生きするからね。大丈夫ですよ。頑張ってくれますよ」と、
優しいお言葉と共に買って下さったとか。
心よりのお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

本猫カツオ君は、ただ今体重1800グラム。
まだまだ、皆様の愛の手を必要としております。
引き続き、ご支援の程、宜しくお願いいたします。


posted by cocoacat at 23:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

冬至

2014_1222AB.JPG
夜がいちばん長い日は、切り抜きを。
この時期、あちらこちらから、雑誌を、本を整理したからと電話が入ります。
有り難いことではあるのですが、頂く本の場所を確保するには、
先ずは、家にある雑誌の整理をしなければならず、
締め切り間近の短歌をひねり出しながら、せっせとハサミを動かすのです。



ねぇ、あなた。
愛など欲しくはないのですよ、わたくしは。





posted by cocoacat at 23:51| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

どなたか

午後2時に、友人と待ち合わせて、版画アトリエへ。
2014_1221AI.JPG 2014_1221AH.JPG 2014_1221AJ.JPG
「どうぞこのまま持って帰って下さい。差し上げます」と言われても....。
先ず、ハンドルの幅が広くて、手が届きません。
昔昔に、特別注文で作られたプレス機ですから、
今時の軽いプレス機とは、全く別物で、圧は非常に良くかかるそうです。
ですが、直結式のハンドルが重くて、一緒に行った友人は、いとも簡単にギブアップ。
「欲しいのですけれど、大き過ぎて...」。
横で版画を刷る準備をなさっていた方も、
「コレ入れたらね、家壊れますの」とひとこと。

作家の方でどなたか、欲しい方はいらっしゃいませんか?
小さなプレス機も、処分したいものが2台あるとか。



posted by cocoacat at 21:40| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

何かと

2014_1219AM.JPG 2014_1219AF.JPG 2014_1219AH.JPG
午後からは出掛けることが多く、猫二匹は、不満顔です。
相談事が重なり、打ち合わせも重なり、
夜は早寝といきたいのですが、それがなかなか。
今夜もこれから刷りです。

明日は、400キロのプレス機の下見に、友人と一緒にまいります。
どうか、暖かい日でありますように。


posted by cocoacat at 23:47| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

雪がそんなに好きとは

2014_1218AF.JPG 2014_1218AK.JPG 
午前5時。眠る前に外を見れば、既に雪は積もり始めていたのですが、
昼頃に起きてみれば、比叡のお山も見えない位の激しさで、
舞って舞って、何て美しい。

この辺りは、一日中降ったり止んだりでしたが、
これだけ冷えますと、血液も滞り、集中も出来ず、
一枚刷っては、雪見で嘆息。二枚刷っては、また雪見。
まだ12月半ばで、この寒さとは!
先が思いやられます。


2014_1218AM.JPG「雪見弁当、作ってくれはる」。
雪が降れば黒猫と一緒に、
大人しく寝ているのだろうと思っていたら、違いました。
興奮状態で、一日中何度もランニング。
ニャーと鳴きますが、犬でした。




posted by cocoacat at 23:53| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

外は雪

2014_1218AB.JPG
時々は雪が舞うのを、眺めては紙切りの作業をする午前2時。
クリスマス迄の刷りもあり、寒くても今週は、励まなければと。

ああ、これこれこれ!紙の上を歩くのではありません。
聞こえてるの?

2014_1218AE.JPG「頑張って三往復したら、負けて餌くれはります」


posted by cocoacat at 02:48| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

試し刷り

2014_1217AA.JPG
来年2月5日からのマロニエワークショップで使う、
画廊ご指定の塩ビ板と恐ろしく厚手の紙での試し刷り。
水に少し長く浸し、圧を強めにかけると何とか刷れます。

思っていた以上に準備に時間を取られそうで、
この分では、正月はないと思っておいた方が、良いでしょう。

posted by cocoacat at 06:24| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

刷り

2014_1216AF.JPG「寒いのに〜」  2014_1216AB.JPG
寒くても、約束の刷りが、色々とあるのです。
今夜は、もう少しだけ。




posted by cocoacat at 23:52| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

お籠り

2014_1215AM.JPG
余りに寒くて一歩も出ずに、籠って紙と本の整理。

電話で昨日の版画プレス機の詳細を訊けば、
直結式でハンドルが重たいとの事で、諦めました。
けれど、ちょっと心を動かせた知人がいて、
日曜日に、待ち合わせて見に行くことに。
版画プレス機は、銅版画をやめるとなれば、
次に使って下さる方を見付けるのが、至難の業。
上手く行けば良いのですが....。


2014_1215AF.JPG  52014_1215AE.JPG
最近は、二匹一緒の時も増えたのですが、
黒猫の縞猫2号への愛は、....20パーセント位でしょうか。

posted by cocoacat at 23:53| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

搬出

2014_1214AB.JPG  2014_1214AD.JPG
投票を済ませて、「遊展」の搬出へ。
着いたら既に打ち上げが始まっており、まぁ賑やかなことです。

おもむろに赤ワインを飲んでいたら、向こうの方で、
「教室で使っていたあのプレス機をどうするかが問題で」と言う声。
「えっ?何ですか?プレス機を処分なさるのですか?」と訊けば、
「要るか?教室で使っていた、大きなプレス機?持って行って!!」。

もう、皆様、飲み過ぎていて、話が出来る状態ではないので、
明日電話で聞くことにいたしました。
しかし、そんなものを引き取ってどうする気なのでしょう?
送料だけでも、恐ろしい金額になると思うのですが.....。



posted by cocoacat at 23:52| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

「ウチら陽気な」

2014_1213AR.JPG
午後5時過ぎ。閉館直後の博物館庭園のイルミネーション。


2014_1213AN.JPG  2014_1213AP.JPG
午後2時半に、山田さきこさんと、ピアノの先生のFさんと博物館で待ち合わせ。
遠目にも、色鮮やかなさきこさんのニット姿と、
続いて現れた Fさんの颯爽たるコート姿。

三人揃って会うのは、久し振りなのですが、
「先にお茶にする?」とさきこさんに訊かれて、
激しく首を横に振ったわたくしです。
そんなことをしたら、話し続けて直ぐに閉館になってしまいます。
お話しは後にして、ささ、三階へと。

三階から順に二階一階を経て、その後にお茶の筈が、
三階のみで、早々と1階のレストラン The Muses (ザ・ミューゼス)へ。
作家仲間が絶賛するレストランなのですが、
いやいや〜、味も接客も今ひとつで、参りました。
いつも思いますに、人の言うことは、当てになりません。
自分で確かめないと。

まぁそれでも、飛鳥の瓦も堪能し、
三人で突っ込みながらの食事も出来たのですから、
今日のところは、それだけで良しとしておきましょうか。

2014_1213AY.JPG
博物館を出てから、イオショップへ靴下を探しに行き、
その後も三人で冷えきった身体で京都の街をあちらこちらと彷徨い、
家に戻ったのは、午後11時。
まぁ、それは怒りますわねぇ。

2014_1213AB.JPG「寒いえ〜。ひもじいえ〜。どないなん」。


posted by cocoacat at 23:42| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

歩く広告塔

2014_1212AB.JPG
ギャルソンのジャケットにいつもつけている、
山田さきこさんの朝顔。
もう、かなり色褪せてきましたが、頂いた3年前は、
鮮やかなヘブンリーブルーでした。
青と黄の配色が目立つのか、
「それ、誰の?」と度々、訊かれます。
何日か前には、知人から同じ物をとの注文です。

彼女のことですから、
きっと3年前に使った糸の品番など、忘れていることでしょう。
ちょうど、明日は食事をご一緒する約束になっているので、
これをサンプル見本にして、お願いをするつもりです。


posted by cocoacat at 23:45| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

寒い日には、三十一文字

2014_1209AG.JPG「ビー玉の歌と、アルシュ紙の歌ぐらいかいな」。
休まずに、毎月8首送りますと4首、
出来の良い時は5首掲載されますが、まだまだです。
めげずに、精進、精進。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新しいブラウスに袖通す刻(とき)右手の指のわずかに伸びる

咳き込んだ老人の声降り注ぐ仲間呼ぶ鷺五月の杜の

風選び飛行訓練繰り返す燕の軌跡命を描く 

緑立つ鷺おおらかに舞い上がりひときわ強く仲間を誘う 

はつ夏の風受け並ぶ水鳥はあいだ等しく朝日を浴びる 
       
両の手で天を抱きて眠る猫風通る道その真中にて  

時折に小さく足先震わせて眠る夏猫真一文字の 

雨降る夜手足投げ出し夏猫はアラビア文字の身繕いする 
 
幾重にも包まれてなお仙界の匂い届ける白桃八個

工事中 全て包まれクリストの現代アートわがマンションは

振向けば心は遠き夏の日のひぐらしの声その下にあり

暫くはそのままにして聴いている猫の転がす古いビー玉

銅版のかすかなインク見逃さず写しとる紙ハーネ・ミューレ

アバウトもまた佳き事と主張する フランス人の漉く紙アルシュ 


posted by cocoacat at 23:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

これで2月は

2014_1210AA.JPG
外気温7度。
先ず先ずの寒さです。

マロニエにて、来年2月の版画展の打ち合わせ。
面白い企画なのですが、私の身体を生け贄として、
捧げなければなりません。
今回は、女性スタッフのIさんの企画ですが、
冬期休廊が12月26日から1月19日まで。
2月の企画展と言っても、準備期間は短く、
蛇の様に鳩のように、
彼女との二人三脚で努めなければなりません。

ああ、体力勝負です。
また誰ぞの生き血を吸わなければ。


posted by cocoacat at 23:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

大きな虹のかかる日は

2014_1209AC.JPG


2014_1209AA.JPG「気分悪いわ〜」。

2014_1209AD.JPG 2014_1209AH.JPG 2014_1209AI.JPG「この場所は、あんたには、わたさへんのんえ〜、ぺっ」。

2014_1209AQ.JPG「またまた、そんな戯言を言うて。ふふふ」。


posted by cocoacat at 23:52| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

銅版画グループ「遊」展

2014_1208AK.JPG  
銅版画グループ「遊」展に初めて参加。
本日は6時から搬入でした。
壁面隙間なく80点の展示です。

12月9日(火)〜12月14日(日) 10時〜7時(最終日午後5時半) 
会場 ギャラリー吉象堂

京都市中京区三条通柳馬場東入中之町11  電話221−3955


2014_1208AJ.JPG
会場で、イラストレーターのたかせちなつさんとばったり。
毎年参加をなさっていて、今回も新作の3点を出されています。

これで、今年のお約束事は全て終了。
ああ、嬉や嬉しで、2月の版画展の準備に入ります。


posted by cocoacat at 23:54| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

文福茶釜の

2014_1207AD.JPG  2014_1207AC.JPG 
起床午前5時半。
寒くて、寒くて、着膨れの文福茶釜の狸の様な姿で、
いざ出掛けようと靴を履いているところに、電話が入り、
予定変更で東寺着が、午前10時過ぎ。
ちょうど、けいとさんのところに連れて見えていた、
カツオ君が帰るところで、かわいいお姿を一枚だけ。


2014_1207AA.JPG
いただいたり、買ったりで鹿は増える一方なのですが、
本日は見付からず。
他に買う物も何もなく、
馴染みの業者の方々との、会話に励んだだけの市でした。
次回のガラクタ市は、1月4日。
明日は、今年最後の搬入で、気忙しいことです。



posted by cocoacat at 23:42| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

今年最後の

黒猫の一番気に入っている場所を、遂に自分のものにした縞猫。
2014_1206AA.JPG 2014_1207AA.JPG
手に入れると、案外虚しいもんなんやな」。

ああ、グレたい位の寒さです。
それでも明日は、今年最後のガラクタ市。
何が何でも早寝、早起きで出掛けます。
お宝は見付かるのでしょうか?
それよりも、血管は大丈夫なのでしょうか?



posted by cocoacat at 23:51| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

慨嘆

2014_1205AC.JPG
外気温1度の極寒。
山本伸二さんの個展に伺った後、
マロニエで、来年2月の版画展の打ち合わせ。
面白い企画ではあるものの、寒い時期で、どうなりますことやら。

__________________________

10月には、軽井沢で元ブリーダーの犬250匹、猫30匹の多頭飼育崩壊があり、
詳細はこちらから。軽井沢ドッグレスキュー

11月には、東大阪でのブリーダーの猫50匹の多頭飼育崩壊があったばかり。
詳細は、こちらから。猫スマイルのブログ
どちらも、正視に耐えない、劣悪な環境で、
ただただベビーマシーンとして、繁殖に利用されるだけの犬や猫。

世間の流れは、ペットショップをなくす方向に動き始めているのに、
2014_1205AF.JPG
河原町六角で、堂々と営業を開始です。
拷問としか思えない強い照明の下で売られております。


犬、猫を家族の一員にと思われているのなら、
是非に、保護犬、保護猫をとお願いいたします。

ペットのおうち


posted by cocoacat at 23:53| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

余りに寒くて

2014_1204AA.JPG  2014_1204AB.JPG
日曜日の外気温は21度。
本日は、たったの5度で、血が巡りません。
猫は二匹共眠ったまま。
飼い主も、この間の試し刷りの山を整理するつもりが、
集中出来ずにうつらうつら。
これから励むことに致します。

掛川の資生堂アートハウスで、12月14日迄開催中の、
「小村雪岱展」に出掛けるつもりだったのですが、
こう寒くては、どうしたものかと思案中です。



posted by cocoacat at 23:47| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

待ちくたびれて

2014_1203AA.JPG
一気に真冬日です。
アマゾンから届く荷物を、朝から待ち続けて、
お風呂に入ることも、買い物に出掛けることも出来ず。
そのうちに来るだろうと思っているうちに、午後6時、7時も過ぎ。
ヤマトに伝票番号で問い合わせても、はっきりとせずで、
結局届いたのは、午後9時を過ぎてからでした。

お陰で、冷蔵庫は空のまま。
御飯に、タマネギと人参の炒め物のみの夕食で、
縞猫以上に、ひもじい飼い主です。


posted by cocoacat at 23:44| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

おねだり箱

2014_1202AD.JPG  2014_1202AH.JPG「午後3時はおやつの時間」。 

2014_1202AB.JPG  2014_1202AC.JPG「五粒、お願い!」。

一番効果のあるのは、このねだり方だと言うことに、最近気付いた様子です。
無視をしていますと、この小さな箱の中で、
くねくねと、しつこく、のたくります。
鳴き乍らの波状攻撃に負けて、
ついついドライフードを与えてしまうのですが、
ちょっと肥え過ぎです。



posted by cocoacat at 22:23| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

気忙しい

2014_1202AA.JPG  2014_1130AD.JPG「この角度、枕にええ感じ」。 
いよいよ、今日から12月。
あとひと月で2015年だなんて、何とも気忙しいことです。

飼い主は自分の持ち物だと思っている縞猫2号。
枕に、敷き布団にと、好きな時に好きに使うのです。
最近は、食べ過ぎで益々の肉厚。
もう間もなく、お腹の皮が破裂いたします。


posted by cocoacat at 23:52| 日記 | 更新情報をチェックする